2017年8月 9日 (水)

萩・津和野の旅 第1班 2日目

Img_7050

朝から萩市内中心部を眺める
どうやら今日は雨模様 最悪やな(泣)

Img_7046

まあ朝からブッフェ 
ガッつり食べますか(笑)

Img_7080

今日の観光は松蔭神社からスタート
雨の合間で松下村塾、も傘なしで歩けました
宝物館(至誠館)は俺は今回パス

Img_7095

中央公園駐車場に駐車して城下町自由散策
小雨が降ってきたが少し歩いてみた

山口県萩市から山陰の小京都
島根県鹿足郡にある津和野町へ向う

Img_7096

津和野の中心地“殿町通り”を歩く
津和野カトリック教会と
鯉が泳ぐ堀割が有名です

Img_7097

まずは昼食は“沙羅の木”にて

Img_7109

人気メニュー 郷土料理の“うずめ飯”
これは津和野の名物で小さく刻んだ具が
ご飯の下に〝うずめ〟てあることから
その名がついた。出汁をかけた
白いご飯の上に海苔と山葵。
一見するとお茶漬けに見えるが、
その中身をすくってみると豆腐や三つ葉、
椎茸などの具が次々に現れる
是非食べて欲しい一品です

Img_7105

2,500円以上の食事を予約した場合、
店名でもある元家老屋敷“松韻亭”で
お庭を眺めながらゆっくりと昼食を
楽しむこともできる

Img_7139

津和野で有名なのは“SLやまぐち号” 
3月から11月の指定日に
津和野から新山口を約2時間で結ぶ

Img_7120

日本五大稲荷のひとつ
日本唯一「稲成」と表記され、願望成就の
願いが込められている 
参道には1000本連なる朱の鳥居が荘麗だ

Img_7130

津和野観光の最後は幼少期を津和野で
過ごした明治の文豪“森鴎外”にまつわる
旧宅や現代風の建造物“記念館”では
遺品や直筆原稿などを見ることができる

Img_7143

津和野から約2時間弱
無事、新山口駅に到着
後は新幹線で帰阪するだけ

Img_7146

山口で日本酒と言えば…「獺祭」! 
駅の売店にも数種類置いていたが

超人気の「獺祭・遠心分離<磨き二割三分>」は無いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

萩・津和野の旅 第1班 1日目

社業の都合上、2班に分かれて社員旅行

Img_6908

新大阪駅7時59分発 
のぞみ97号で出発
途中最短3駅停車で9時52分 
新山口駅に到着

まずは山口市内にある常栄寺雪舟庭へ

Img_6947

常栄寺は臨済宗東福寺派の寺院ですが
何と言っても有名なのは・・・

Img_6939

ここ“雪舟庭” は室町時代の守護大名で
あった大内政弘が別荘として
画僧雪舟に築庭させた

景観を楽しむモデルは“俺”でした(笑)

  
現在、国の史跡及び名勝に指定されている

Img_6960

次は瑠璃光寺へ
現存する五重塔のうちで10番目に古い
いつ見ても綺麗だな

Img_6966

あまりの暑さに負けた?
ひやしあめ(400円)を
一気飲みした(笑)

Img_6955

昼食は“長州苑”でいただきました

Img_6978

暑い中、名物の“瓦そば”が付く
「維新御膳」の昼食を頂いた

一路 萩へ

Img_6998

明治日本の産業革命遺産のひとつ
“萩反射炉” 鉄製大砲の鋳造に必要な
金属溶解炉で萩(長州)藩の海防強化の
一環として導入が試みられた
反射炉の遺構は萩の他、韮山(静岡県)と
旧集成館(鹿児島県)にあるだけで
貴重な遺跡です

Img_7003

何じゃこれは? 単なる広っぱ?
ここも明治日本の産業革命遺産のひとつの
“恵美須ヶ鼻造船所跡” です

Img_7004

現存する大きな防波堤

Img_7009

ホテルチェックイン前にお決りの(笑)
萩と言えば“村田蒲鉾店”へご案内!

Img_7048

一連の観光も終わり今宵の宿“萩本陣”へ 

場所は萩市内東部の小高い丘に位置する

Img_7022

宴会場のスタイルは和式や洋式とお客様の
ご希望に応えてくれる 
個人客はダイニング“旬の丸”で夕食、朝食を
楽しめる 

おみやげ横丁“萩往還”は7:15~22:00オープン

Img_7030

客室は和室10畳が基本 
市内または山側の眺望 
洋室はツインとダブルがある

Img_7045

自慢の温泉大浴場“萩本陣温泉 湯の丸” 
回遊型で色んなスタイルの浴槽で寛げます

Img_7023

今夜のメニュー

Img_7024

夕食後のお楽しみ ナイトラウンジ“松麗館” 
今夜はほどほどに・・・

残念ながらこの旅館 夕食後の夜食処は無く、
ちょっとラーメン? 
タクシーで5分か坂道徒歩約15分の所にある
“ラーメン来来亭萩店”へ行くか、
萩グランドホテル天空付近にある
“居酒屋ぼてこ”や萩市田町商店街付近に
少しの飲食店があるが早仕舞いが多い

コンビニは県道67号線沿いにポプラや
センブンイレブン、ローソンがある 
旅館からは徒歩10~15分程度 坂道有り(汗)

それでは今晩は大人しく寝ますか(笑)

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

2017.8.05 なにわ淀川花火大会鑑賞の夕べ

Fb_img_1501948182062

今年もこの会場からのスタートです!

Fb_img_1501948190804

夕焼けを見ると“いよいよ始まるんやな”
って 何故か気合いが入ります😱💦

Image_2

今年は初めて当社個人客のお得意様を
中心にオープンで募集させて頂きました
出足は悪かったですが何とか94名様が
ご参加頂けました   🙇💦💦

Fb_img_1501948198824

通常通り、19:40から打ち上げ開始🎆🎆

Dsc_0036

当社企画の目玉
冷房の効いた涼しいプライベート会場で
食事を食べた後に
ゆっくり花火鑑賞をお楽しみ頂く・・・

外部集音マイクから迫力の花火音👂👂👂

Fb_img_1501948220023_2

眼前に広がる打ち上げ花火の数々🎆

Fb_img_1501948212500

いつ見ても👀大迫力😱❕
約1時間 夢のような時が終了しました!

Image_1

さて  来年もなにわ淀川花火大会を
開催してくれるかな?

毎年、終わったこの日からが
当社の花火鑑賞企画のスタートです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

2017.6.25 山代温泉社員旅行ご案内

Img_4013

おはようございます
皆さん あんなに夜更かししてたのに
7時30分には全員宴会場に集合しました

Img_4014

俺でもこそっと2杯のお代わりやったのに
皆さん 平均3杯(マンガ盛り) 笑

おかずが無いと言いながら横の人の
おかずをせしめて5杯っていう人も・・・

Img_4023

バスは定刻9時に接待さんのお見送りを受け
敦賀へ向け出発しました

Img_4024

やはり・・・ いや、勿論!
車内は完全に眠りに落ちました
聞こえるのは動物園的ないびき!(笑)

Img_4030

誰も敦賀湾は見てないやろな (笑)

Img_4032

約80分の走行で敦賀へ

Img_4033

先ずは“日本海さかな街”へ
男性ばっかりやから買わないと思っていたが
次から次えとバスにお土産物を運んでは
またお店へ戻る 海産物屋でも開きますか?

Img_4034

結局、時間オーバー
お連れした会がありました

Img_4037

また、北陸道に戻って彦根へ

Img_4041

彦根城へ続く“夢京橋キャッスルロード”

Img_4044

“ひこにゃん”があちこちに・・・

Img_4045

昼食場所は四番町ダイニング2階にある
“個室ダイニング赤鬼”です

Img_4046

メニューは“近江牛のすき焼御膳「竹」”

Img_4047

帰阪後、皆さん車なんでビールは一部の方のみ

その替わり、またまたごはんのお代わり連発!

Img_4055

ちなみに私の賄い“何ちゃってすき焼き” 笑

Img_4063

食後は付近を散策
写真撮影に応えてくれるお客さん!

Img_4065

当初は彦根城見学のはずでしたが
皆さん パスして早い帰阪を希望されました

Img_4068

生憎の天候だったんで人影もまばら

Img_4066

バスに乗る頃には雨が・・・

帰りも順調に走行できて予定時間より
約1時間早く帰ってこれました

皆様 お疲れ様でした
来年は創立85周年記念行事を兼ねての旅行
気合を入れてご提案させて頂きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

2017.6.24 山代温泉社員旅行ご案内

Img_3896

お世話させて頂いて思い起こせば約30年
現会長の社長時代から
現3代目の社長と長いなぁ・・・

今日は恒例の社員旅行で山代温泉へ

Img_3899

北陸道を順調に走行し武生インターに到着

Img_3900

まずは武生市の“ろくべい”で昼食

Img_3904

いつもの3段重ねのそば定食“竹割御膳”

Img_3911

ごゆっくりお召し上がり下さい
おかわりそばは辛味大根汁で食べて下さい

Img_3916

今日の乗務員・添乗員の賄い
ちょっとどころか俺には足らん 汗

後でソースかつ丼の刑やな(笑)

Img_3921

少しでも早く宿に着きたいとの希望で
先を急ぎ北陸道を走行した

満腹なのか舟を漕いでる人も(笑)

Img_3925

ガォ~ッ!
福井県立恐竜博物館に到着

Img_3929

何とお客さんの中に4人も70オーバーが!
入場料は無料なんです

Img_3931

結構 皆さん楽しみながら見学されました

Img_3932

山中越えの手前 越前竹人形の里へ立寄り

Img_3937

店名の通り竹細工の数々が展示、販売される

久しぶりに寄ったがやっぱり2回目はないなぁ
今一、接客がなっていない
もう、こんな時代じゃ無いんやけどな?

Img_3940

15時30分過ぎに山代温泉“瑠璃光”に到着

Img_3952

古くは“山代グランドホテル”時代から
利用しているお宿です

あぁ 昔は色んな面で良かったな
北陸は我々 旅行社営業マン、添乗員にとって
まるで宝箱状態だったから・・・

Img_3944

今日は添乗員もバス乗務員も一般客室を利用させてくれた

Img_3954

中々、面白いキャッチコピーやな(笑)

Img_3955

館内の自動販売機にも・・・

Img_3946

さあ お客様にとって重要な宴会の準備
抜かりのないようにチェックする

今晩のお客様は高齢者も多いので
高座椅子を準備
いざ宴会開始前に下準備が痣になった?

Img_3956

そんな事も知らずいきなり入浴後、マージャン!
お客様の希望で電動卓を準備しました

Img_3957

従業員あっての会社 
我々、幹部が大げさに高座椅子には
座れないと言うことで急遽、少し高い座卓を
準備しました 宴会前に一汗かきました

Img_3958

今晩のメニューです
結構 洒落た料理内容でした

Img_3959

スタートはこんな感じでした

Img_3963

さあ 皆様期待のコンパニオンの登場!
幹事さんのとりまとめで最終的には
お客様14名に対して6名手配(笑)

Img_3970

箸が進まない(笑)
事前に旅館に若い娘をとリクエストした賜物?

皆さん 会話が弾み、笑顔でしたよ

Img_3971

瑠璃光名物“竹炭うどん”
見た目も味も・・・?

Img_3972

もうひとつのメインイベント
会長が今年、喜寿を迎えられるとのことで
サプライズパーティ!

Img_3973

会長 大変喜んでくれました
幹事さん ご苦労様 そして・・・

Img_3987

幹事さん お盆芸
まるで“アキラ100%”や! (爆笑)

Img_3997

シャンパンも抜きました

Img_3974

ついでに私と若い接待さん

Img_4007

引き続きクラブ“能残月”のVIPルームで2次会
幹事さんのご発声で“乾杯”スタート!

Img_4011

中々 洒落たVIPルーム 全面ガラス張り!
後にちょっとしたハプニングで
クラブ会場内が騒然となる(汗)

何やかんやで2時間30分
勿論、コンパさんも引き続き接客してもらう

あぁ 支払が怖い・・・
社長曰く“来年85周年は目指せコンパマンツーマン”
皆が仕事頑張ってくれて売り上げも毎年UPしているので幹事さんの裁量で延長OKなんです!

Img_4012

2次会も終わり温泉大浴場は24時間オープンなんで社長と共に入浴させて頂いた

各部屋にはマッサージチェアが完備 皆さん交替で利用 明日に疲れを残さないように揉んでもらって下さい 引き続きマージャンや部屋飲みでお楽しみ頂きました

お休みなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

ペナン島社員旅行ご案内 第1日目

2017年6月12日

今日から45名様をお連れして
ペナン島への社員旅行の添乗です。

Img_3110_2

お客様は関西、成田、福岡からのご出発

Img_3111_2

まずはマレーシア航空でクアラルンプールへ

Img_3112_2

相変わらずの機内食(笑)

Img_3113_2

クアラルンプール空港(KLIA)で
成田組と合流  約3時間の乗継です。
KLIAでマレーシア入国手続となりますが
時に混雑する事もあるので余裕を見ました。

国内線は生活路線やビジネス路線でもあるので
いつも混雑しているようです。

Img_3114_2

乗継時間も含め関西から約11時間!
お客様も私もクタクタでした(汗)

福岡組はシンガポール航空で
福岡~シンガポール~ペナンのフライトで
先着するので別途専用車をご準備

Img_3115_2

あんなに元気だったチビッコ達も
言葉がありません・・・・
ホテルまで約1時間 寝て行こうね。

現地旅行社で事前にチェックインを済ませて
もらっていたのでバス車中でお部屋割と
カードキーをお渡ししました。

それと両替も・・・

Img_1676_r

ホテル到着後、皆さんは買出し&夜食タイム

Img_3116_2

深夜なのでほとんどのお店がクローズ
ご他聞に洩れず“マクド”へ
私、今日一の食事? (笑)

さあ 明日は早朝ゴルフ送り出しなんで
寝ますか  お休みなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

いよいよ 花火シーズンが到来!

大阪夏の風物詩のひとつ!

20130810_203956

淀川花火大会が今年も8/5に実施されます。

“冷房の効いた快適なプライベートスペースからゆったりと大迫力の花火鑑賞!”を目玉に2010年から当社独占企画として毎年好評いただいております。

今年は初の試みとして個人のお客様も
ご参加いただける様にさせていただきましたのでお気軽にご参加下さいませ。

尚、最大100名様程度とさせていただきますので出来る限り早期のお申込をお勧めします。

※下段に詳しいパンフレットとお申込書を添付しております。

昨年の様子です ご参考にご覧下さい。
        ↓

http://charlie3710.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/index.html

「2017.8.05なにわ淀川花火大会パンフレット-2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

2017.3.07 指宿温泉と宮崎周遊の旅3日間

おはようございます
恒例の“夜の街 早朝ウロウロ”
ウォーキングしています 🚶





Img_8522

宮崎市内の夜の街は“ニシタチ”が中心
橘通2丁目の交差点を西へ入る
絶好の場所 🏨アリストンホテル宮崎が目印だ!

Img_8524

外湯?♨は上野町通り"かみのまちとおり"にある


Img_8525

隣合せに立地 あぁ 怖い 💦💦

Img_8529

中央通りは飲み屋さん、飲食店が並ぶ


Img_8534

ご多聞に漏れず こんなお店も多数!

Img_8537

もうひとつのメイン通り“西橘通り”やキャバクラがアーケード街にある珍しい通りの“一番街アーケード”や“高松通り”がおもな「ニシタチ」の歓楽街エリア


Img_8548

最近地方都市にも喫煙禁止エリアが・・・✨🚭✨

Img_8552

宮崎市内を流れる大淀川

Img_8554

大淀川の中心に架かる橘橋です

Img_8569

朝6時から約5km歩いて
ホテルに戻って朝風呂♨

腹が減りました 
また、ガッツリ朝飯食べましょか🍴🍚🍜

9時過ぎにホテルを🚌出発

Img_8573

鵜戸神宮へ向かう途中に通過する

“サンマリンスタジアム宮崎”
両翼100m 30,000人収容のスタジアムです⚾

Img_8574

サンメッセ日南の“モアイ像”が走行中
一瞬見える 見逃さないでね 👀‼

Img_8575

宮崎県の観光案内マップ👀

Img_8576

朝一番の観光コースは宮崎市内から約1時間

旅行業界 ネタとしての別称 "運動神宮"
こと 「鵜戸神宮(ウドジングウ)」
何故かって・・・?

お客様と一緒に御本殿までお詣り毎度毎度分かってながらアップダウン片道20分  朝飯こなし、昼飯前の腹ごなし?  と思ってましたが今回も死にかけました😞💦

お客様たちは宮崎限定販売"スコールマンゴ味"や"日向夏ジュース"で喉を潤した😋

Img_8577

駐車場から御本殿まで片道約20分
まずはこの階段から元気よくスタートです!

Img_8579

急な階段や坂道、トンネル・・・・・
ガチ アスレチック状態やわ 😱💦

Img_8584

いよいよ スタバもどきのお店が見えれば
到着? いえいえ まだまだ・・・・

Img_8589

やっと“神門”到着
海からの風が気持ちよいですね 😃✨

Img_8593

玉橋より先は、古来より清浄とされ足を洗い、身よ清めてから参拝するものとされていました この福注連縄(ふくしめなわ)はその代わりとして用意されています この福注連縄(初穂料100円)で身体を撫で心身を清め、開運招福・心身健全のご神威頂いてください  
 尚、この福注連縄は持ち帰らず左側の机上に納めて帰るものです 清めた後は持ち帰らないように注意ください


Img_8594

鵜戸神宮は本殿参拝の為、石段を下りていく「下り宮」です。群馬県富岡市の「一之宮貫前神社」、熊本県阿蘇郡高森町の「草部吉見神社」とともに日本三大下り宮と呼ばれています 絶壁の向こうには紺碧の海と奇岩怪礁が広がっています

Img_8595

鵜戸神宮は日向灘に面した絶壁の洞窟に本殿をおく珍しい神社です


Img_8601

お客様達はお札やお守り、おみくじを買われ最後に何と言っても“運玉”(5個100円)を買われ上から点線内の亀石の枡形岩へ目がけて運玉を投げ入れる 順序としては①まず願い事を思い浮かべる②男性は左手、女性は右手で投げ入れる挑戦 ③見事入れば願い事が叶うという 私の前のおじさん「やった入ったぞ」って喜んでいたけど私が「願い事しました? 左手で投げました?」夢を打ち砕くように問いかけましたがおじさん曰く「何も願わずに無心で右手で投げたわ」ってね 無心やから入ったんやでって慰めて上げました 😢

Img_8602

他の団体客に運玉の説明をして指摘して
勝ち誇ったドヤ顔の私、そうは言っても来た道を戻らないといけません 
隠れたエレベーターや動く歩道、駕籠・・・
何もありません ただ、歩いて戻るのみ!

完璧に膝が笑っています😊😊😊🙋

Img_8607

八丁坂の上り口が見えればフィニシュ
あぁ お疲れ様でした!



Img_8611

鵜戸神宮を出て昼食前に堀切峠
“道の駅フェニックス”にて小休止

日向灘の絶景と豪快な波状岩の数々
“鬼の洗濯岩”を眺めて下さい



Img_8622

景色と共にお楽しみ頂くものはソフトクリーム

宮崎特産のマンゴは勿論、アシタバやエビ味と珍しいフレーバーもあるので是非、挑戦して欲しい

って言いながら私はキッチリとマンゴ味😋😋

その他、それぞれ一口いただきましたが
う~ん それなりですね・・・😖😖😖

Img_8626

今ツアー最後の昼食は青島グランドホテルにて

チキン南蛮と新鮮なお刺身のメニュー
秘かにブームになったのは“宮崎かつお うみっこ節”(かつおフレーク的なもの)上の料理写真の中央の小鉢に入ってました あるお客さんはこれでごはん5膳お代わりしてました🍚🍚🍚🍚🍚 

ここは何と言っても巨人軍宮崎キャンプの定番ホテルとして有名です!
今は2軍がメインらしいです

ベテラン女中さんにお伺いすると昔は長嶋監督や原、江川、松井etcとほとんどの選手に接客したよって G党の私にとって羨ましい限りです💦💦


Img_8635

昼食も終わりガイドさんの案内で青島GH裏口から海岸線に出て一路、青島へ
距離はそうでもないですが風が強烈で砂嵐が大変でした 身体中や靴の中に微砂がいっぱい!



Img_8641

青島は“鬼の洗濯岩”と呼ばれる国の天然記念物に指定される波状岩に囲まれた約1.5kmの小さな島です 



Img_8647

青島神社の鳥居です


Img_8649

観光用のトックトックも現役で走っている



Img_8650

島の中心には青島神社があり、縁結びの神様として知られる💑



Img_8665

青島前の通りは閑散としていた 色とりどりのブーゲンビリアと四季折々の華やかな花々が彩る“宮交ボタニックガーデン青島(写真左上)”は無料で見学できるので是非とも覘いて欲しい 青島での昼食、お買物場所として知られていた“青島屋(写真右下)”は現在改築工事中で2017年7月に再オープン予定らしい



Img_8669

最後の観光も無事終了
後は宮崎空港へ向かうだけです



Img_8671

宮崎出身の“温水洋一さん”大人気(笑)😵🌀?

宮崎の芋焼酎“天孫降臨”のCMにも起用され、最近では宮崎県が平均気温や日照時間・快晴日数が全国トップクラスであることから「日本のひなた」をテーマにPR活動に取り組んでいる一環として「ひなたぬくぬくベンチ」に座るリアル温水ブロンズ像が期間限定で宮崎ブーゲンビリア空港に設置されていた



Img_8673

復路は宮崎空港から帰阪
定刻16時10分発 JAL2438便 往路よりもひとつ小さい76名乗のエンブラエル170 完全に我々が半数以上、座席を独占! 上昇と同時に皆さん落ちてました 😪💤💤


お客様 大変お疲れ様でした
楽しい旅行をお楽しみ頂けたでしょうか?

ありがとうございました

また、お会いできる日を楽しみに・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.3.06 指宿温泉と宮崎周遊の旅3日間

昨日は早朝、伊丹空港に集合の準備で
早起きだったので昨夜はよく寝れました

って言うか数日前から歯が痛くロキソニン60を
服用し、痛みが和らいだからかな?



白水館には今まで数度宿泊していますが
中々、砂むし風呂に入る機会も少なく
今日は朝6時から久々に入らせてもらった

お客様たちのお部屋には事前に
「砂むし入浴券」を人数分入れており
1,080円×利用人数分を精算時に支払いと
言うシステムにしてもらっている

やっぱり朝風呂は特に気持ちエエもんやな
添乗に出ると毎朝、宿泊ホテル周辺を
ウォーキングするんですが今朝は雨の為、中止

Img_8403

砂むし&温泉入浴も済ませ 腹減りました(笑)

歯が痛いのも和らぎ軟らかいものから食べるか!

Img_8409

朝食後、窓の外を見るとまだ雨模様

白水館を出発して指宿市内中心地を通過し、
約20分程で長崎鼻へ

Img_8411

途中見える開聞岳も雨に煙る
雨雲レーダーをチェックすると後1時間位かな?
長崎鼻、池田湖を出る頃には雨は上がるやろう

Img_8412

まずは長崎鼻から観光
にしき屋本店で傘を借りて皆さん
駐車場から出発・・・・

皆さん 傘を借りた意味お分かりですよね☔ 👜

Img_8414

かごんま弁 外国語みたいで分かりません👄(笑)

Img_8417

雨なんで突端まで行くのは止めときましょう
手前で記念写真などを撮ってもらおう 長崎鼻は薩摩半島の最南端に突き出た岬 浦島太郎が竜宮へ旅立った岬と言い伝えられ「竜宮鼻」の別名を持ち、乙姫様を祭った竜宮神社もあります

Img_8431

皆さん ナチュラルにご入店(笑)
焼酎試飲につられましたか?

予想外の購入にビックリ👀‼
滞在45分でゆっくりでした

Img_8435

長崎鼻から約25分 池田湖畔にある
“池田湖パラダイス”へ

目玉の“大うなぎ”と謎の“イッシー”のオブジェが
見ものかな? ここでもお客さん達
「プチ爆買い」📦(笑)

Img_8446

池田湖から鹿児島市内へ向けて出発する頃には
すっかり雨は上がった

Img_8450

約80分程で仙巌園に到着
直ぐに駐車場のおっちゃん集金に来る

まずは150ポンド砲がお出迎え

さあ、先ずは昼ごはんですよ

Img_8451

レストランは反射炉跡の後方
小高い丘の上にある“松風軒”にて

Img_8452

お昼時、一時に団体客来店
今まで見なかった大陸からのお客さんいっぱい

我々も負けずに大声で話して飲みましょうよ!

Img_8456

メニューは鹿児島県奄美大島のおもてなし料理
“鶏飯”を中心としたお庭御膳

Img_8457

添乗員、乗務員の賄いは数種類から選択できるが
時間が遅く定食売切れ、カレーは止めて
“とんこつラーメン&大盛ライス”
意外や意外 美味し・・・🍜

Img_8459

島津家の家紋「丸に十の字」

NHK大河ドラマ“篤姫”のロケ地としても
知られる正門 島津本家の正門で使用された

Img_8471

この辺りもロケ地として利用された庭園
錫門や鶴灯籠、御殿など手入れが行き届く

Img_8475

本来なら背景にはバッチリ桜島が!

今日は機嫌が悪く? 「エアー桜島」👀‼

Img_8486

仙巌園から約70分で霧島神宮へ

Img_8491

まずは“君が代”にも歌われる「さざれ石」見学

地方でのバスガイド付きは助かります
観光地にてお客様にこのように案内してくれます

私、カメラマンに徹する事ができます📷(笑)

Img_8493

日本誕生の伝説の地
ニニギノミコトをお祀りする霧島神宮です👏

Img_8496

樹齢800年の御神木はこちらです

Img_8497

参道をかっ歩するお客様たち・・・
中央を歩いてはダメだって言ったのに 😱💦

それにしても左側を歩いてくる地元民?
マスクで完全防備!  さすが?
そうです 花粉症にとって最悪の場所かも?

私、油断してマスク装着せず
いっぱつで花水&くしゃみ百連発でした 😷

Img_8498

この御神木の幹から神官のような不思議な幹が!

ここ霧島神宮はパワースポットとしても
知られておりスピリチュアル感満載ですぞ!


心洗われて今晩のお宿“宮崎市内”へGo!

と思いきやお客様の1人が急に高熱で
寒さを訴えられました・・・

風邪薬と冷えピタをお渡しし、バスで安静に
でも後々、エライ事に・・・

Img_8503

宮崎道経由でいよいよ宮崎市内へ

Img_8504

約60分程で今宵のお宿“宮崎観光ホテル”へ

Img_8506

昨日と同じくホテル係員によるブリーフィング

Img_8507

お客様達は西館和室10帖に3名入室
私はシングルルームでした

Img_8508

このホテルは東館13階建、西館10階建
西館の方にレストランや大浴場などがある

Img_8510

「ホテイチモール」と銘打って色んなレストランや施設が点在している

Img_8509

夕食は“ニシタチ”までは歩いて行かせるにも中途半端なのでホテル内ブッフェレストラン“一木一草”を事前に予約しました

Img_8511

無理すれば50名位は入れそうな個室があります 但し、料理を取りに行くには少しだけ遠くなるのがデメリット でもプライベートはメリットですね!

Img_8516

宮崎と言えばプロ野球、Jリーグのキャンプ地としても有名です つい最近はサムライジャパンが短期合宿に宿泊したらしい

Img_8518

夕食も済み、なにわの旅職人“チャーリー”の
出番と思いきやお客様達、数人ずつ
外出して行きます

はっは~ 事前にネットで調べて予約してたな?

残った中から希望者を募り約18名程を
お連れして“ニシタチ”の場末のスナック
「アピロス」へタクシー分乗して向いました

大きい方の個室はすでに先客がおり
10~12名用の個室に18名入ってもらった 
酸欠状態やわ 😣😣😣

後にボックスシートで余裕の滞在(笑)😵🌀

行きのタクシー運転手の話によると
キャンプ中でも休日前 選手達はニシタチに
出歩き飲んどるらしい 
その後、昼とは違うバットを振り回している
豪傑も昔はいたとのことでしたわ✨

Img_8517

ここ「アピロス」のマスターはこの道35年のベテラン 何故か私に対しては気前がエエんです 霧島酒造で不発に終わった? 不評だった?“白霧島”に始まり宮崎限定の“霧島”、今や幻の銘酒?入手困難になりつつある朝掘り芋焼酎“川越”をどんどん注いでくれるので酔っ払いそうでした 水割りといってもほぼ9:1なんですから🍺 😅


アピロス
ニシタチの中央通り入り口すぐエビスビル1階 
TEL0985-24-0300 休み:祝日
収容は最大70名! 団体の事前予約歓迎 
個室2部屋とカウンター&ボックスあります

Img_8520

これらナイトタウン誌もなにわの旅職人“チャーリー”の強い味方! 独自でコツコツと丸秘のコメントや感想を事細かく書き込んだ年季ものもあります


じゃ~ 飲んだし歌ったし 
白井さん次 どこへ行きますか?

若手達はいずこへ?
社長と幹事さんと私 お暇させて頂きました😪💤💤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

2017.3.05 指宿温泉と宮崎周遊の旅3日間

大阪出発時は雨はなく少し雲がある位のお天気

天気予報によると鹿児島は夕方より夜にかけて
雨模様とのこと 何とか観光時だけでももって欲しい

今回は若手経営者率いる会社の社員旅行
ここ数年、毎年ご利用頂けている

冬場の団体旅行は特にありがたい

Img_8275

往路はJAL2403便 鹿児島行き
95名乗のエンブラエル190
ほぼ半数がうちのお客様(笑)

Img_8282

天気予報も空しく現地は雨模様(涙)

ともかく頑張って3日間お世話させて頂こう

まずは空港から約35分
霧島市内にある“ホテル京セラ”内にある
バイキングレストラン「夢の国」で昼食です

日曜日の昼時、田舎のアミューズメント施設?
ローカル客で賑わっていました(笑)

Img_8283

昼食も終わり知覧へ向け出発
あ~ぁ 益々雨は本降りです(涙)

約75分程で武家屋敷エリアにある“森商店”の
駐車場に到着 相変わらずおかあちゃん元気(笑)

Img_8289

お客さん達は森商店で傘を借りて
ガイドさんと散策へ

私は駐車場代と入場料を支払う

今回の回りは時間の都合上、
①西郷恵一郎氏庭園
②平山克己氏庭園
③平山亮一氏庭園
の3ヶ所を案内してくれた

通常、森商店駐車場に駐車したら
④佐多美舟氏庭園
⑤佐多民子氏庭園
⑥佐多直忠氏庭園
⑦森重堅氏庭園
を回ることが多いです

ここ知覧武家屋敷群の庭園は見もの
京都から同道してきた庭師の作庭で
今に残る枯山水の伝統美と時代の
息吹を感じさせてくれるでしょう!

「薩摩の小京都」をお楽しみ下さい

Img_8301

いつもと見学の回り方が違う?

二ツ家のお土産物店には知覧茶や鹿児島の
銘菓羊羹や蒸しさつまいもなども置いてある

“げたんば”は有名な柔らかい黒糖菓子

こんなお店もあったんや

Img_8302

今回の足は“南国交通バス”です

若手で案内上手のガイドさんを・・・ 
出発前にリクエストしていました
今回はまあまあかな?


「ピチピチのギャルを・・・」
→→→制服が(汗)
「20歳代のガイドさんを・・・」
→→→ガイドさんの子供が ギョ!

ってな具合に
昔から鹿児島のバスガイドさんは
外れ多しやから(笑)

Img_8303

武家屋敷を後に次は特攻平和会館へ

Img_8304

まずは正面玄関で団体写真を

Img_8307

皆さん 無言で退館される方が多し
胸がいっぱいになったのか?
感動と感謝の気持ちを持たれたみたい

Img_8308

観光も終わり約40分程で指宿温泉へ

今夜のお泊りはお勧めの“指宿白水館”

Img_8314

ロビーでホテル係員によるブリーフィング

今回は“薩摩御殿”のカテゴリーから
“磯客殿”へグレードアップしてもらった

お客様 ラッキーですね

Img_8315

とにかく白水館は横に広く館内を歩くのも大変

Img_8316

私は薩摩御殿に泊めてもらった

Img_8317

宴会場は薩摩御殿5階の“椿の間”

Img_8318

宴会場にあぐらはちょっとと言う団体様・・・

高座椅子宴会もOKです
何せ楽ですよ!

Img_8319

私、白水館の宴会飲み放題好きですよ

何せドリンクアイテム多し

焼酎も多種類あります 
でも森伊蔵はアイテムにはありませんから(笑)
※別注文でいつでも飲む事はできますよ!

Img_8320

お料理は全14品
鹿児島名物の“黒豚のしゃぶしゃぶ”をはじめ
海の幸、山の幸がいっぱいです

Img_8321

夕食宴会は2時間程で中締め

2次会はお決りのカラオケ“鹿鳴館”へ
まだまだ飲みますよ 歌いますよ

指宿の焼酎“利右衛門”離せません

私は支払いのチェックをして23時30分に
皆さん 解散しました

指宿は近年、お遊びはありません
健全なエリアです(笑)

あぁ 心残りは早仕舞いの指宿のラーメン
“勝武士ラーメン”食べたかったな

明日は宮崎で暴れようね(汗)

お休みなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«別府温泉 添乗合体地獄めぐりの巻き 参