2020年3月 9日 (月)

2日目 こんな時期だけど行って良かったかな?

朝から山陰らしからぬ天気です!

Img_4531_20200322092801                     

一夜明けて朝の依山楼岩崎の全景 2019年10年に“回遊式大庭園風呂 山の湯”として
大浴場がリニューアルオープンし、左の湯と右の湯が朝晩で男女が変わる。

 

 

Img_4577

団体は昨夜と同じ宴会場で朝食となります。

 

Img_4584

バラエティ豊かな朝食メニュー 

 

Img_4585

流石に皆さん若い! お代わりの連続(笑)  添乗員さんも負けずにお櫃ごと空っぽに…… 小さいサイズですが!

 

Img_4589

約40分程で北栄町(ホクエイチョウ)に到着

ココに来るのも間近までシークレット(汗) ココは“名探偵コナンに会える町”作者の青山剛昌先生のふるさとだ!

先ずは「青山剛昌ふるさと館」へ(大人700円/中高生500円/小人300円でなんと外国人は半額だ)
団体割引は20名以上で100円引き 現金のみの対応 町営なのか旅行会社に対しては特典なし、添乗員は無料ですが

入口では老けた名探偵コナン風の青ジャケット&蝶ネクタイの衣装を着たギコチナイ館長がお出迎え
多分、公務員さんなんやろな(笑)

 

Img_4590

全員で記念写真

 

Img_4592

コナンお得意?のターボエンジン付スケボー体験や3Dキャラクタービジョン、プロジェクションマッピングなど
大人から子供まで楽しめる館内施設があった。

 

Img_4602

シンボルオブジェの各種

 

Img_4604

青山剛昌先生の仕事部屋を再現していた。
“名探偵コナン”はあらゆる言語で翻訳されており、世界中で愛されているアニメだと分かる。
何だか日本人として誇りに思えるな。

 

Img_4607

表には江戸川コナンの協力者「阿笠(アガサ)博士」の愛車ビートルに飾ってあった。
フォルクスワーゲンの最初のモデル「タイプ1」をモチーフにした2ドアクーペで“ザ・ビートル”
2019年には日本での販売が終了した車です。

 

Img_4611

「青山剛昌ふるさと館」を見学した後、徒歩で「コナンの家 米花商店街」へ向かうのがお勧めです。
約800m程の道中、道路脇にはコナンのブロンズ像や、その他のキャラクター達に会うことも出来ますよ。

今回は晴天下でしたが貸切バスで移動しました 雨天ならともかく、長老の添乗員と数名が歩くのが面倒なんで……(笑)

コナン大橋にはブロンズ像があった。

工藤新一こと江戸川コナンの自宅のインターフォンをピンポンダッシュ? お試しあれ!

 

ミステリーツアーの今回、皆さん、ココは喜んでもらいました あぁ、良かったなあ

 

 

Img_4623

約50分程で昼食前、賀露港の浜下商店に到着です ここで海産物のショッピングをお楽しみ頂きました。

最近は昼食もやっています、今度、利用してみるか 有りです。

 

Img_4624

賀露港から約15分 昼食場所の「砂丘センター見晴らしの丘」に到着

 

 

Img_4625

メニューはインスタ映えするらしい? “海鮮丼御膳”

 

Img_4637_20200322092901

2日目は帰阪後、車で通勤している方もいるんでアルコールは少なめ……

 

 

Img_4640_20200322092901

ここもご多分に漏れず、我が団体のみ 最後のお買物もお楽しみ頂けますよ 有りです。

 

 

Img_4643_20200322092901

一仕事終えて賄いを頂こう。

どれがボリューム有るん? えびフライ定食! 勿論、ライスは大盛りですよね? 分かってくれてるなぁ(笑)

 

Img_4647_20200322092901

最後のミステリー 賀露港を出る前にヒントとして「お土産物は買っても、決して砂のお土産の持込は駄目ですよ!」

ほとんどのお客さんは分かってましたけどね(汗)

 

 

Img_4649

昼食場所はその他のレストランと違い小高い丘に建つので往復リフトをサービスしてくれます。

 

Img_4660_20200322092901

正面テッペンまで走って行った猛者もいました(驚)  若いなぁ

 

 

Img_4661_20200322093101

「ラクダは選べません」→→→裏返せば「お客は選びます」ってか?????

よっぽどエライ目にあったんやろな? インバウンド中国人達に!
当団体の数名の外国人客がカメラを向けると係員のおっさんが激しいアクション付で勝手に写すなって激怒しよる(怖)

 

Img_4671

この道路沿いにレストラン「砂丘フレンド」や「砂丘会館」、砂で造形された「砂の美術館(季節により開館」がある。

 

我々は砂丘センター見晴らしの丘で昼食、名物の梨ソフトも食べ、往復リフト乗車で鳥取砂丘を観光、
最後のショッピングをお楽しみ頂き帰阪の途についた。


勿論、帰りのバス内は無言、否、イビキ&爆睡で17時過ぎに無事本社前に到着しました。
今回は間近まで旅行を実施するか中止するかでお客様は迷われましたが無事終了できた事に感謝しております。

 

早く終息してくれ! 敢えて連呼するぞ “武漢ウィルス” コラッ“武漢ウィルス” 消え失せろ!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

1日目 こんな時期やけど行ってきました 

いや~ ほんまにエエ加減して欲しいわ“武漢ウィルス”

今回はブルーな気持ちで1泊2日バスで山陰「三朝温泉」へ若手中心の社員旅行をご案内しました。

 

Img_4462

今回は大阪バスの49人乗トイレ車を利用しました。
(大阪バスはプラズマクラスターイオン発生機が車内に搭載しています)

 

Img_4466

政府から通達でコロナ(武漢)ウィルス防止策の3要素「密集」「密接」「密閉」を考えるとバスは最悪やけど……

ドキドキしながら全員マスクを着用して旅に出発しました!(誰や言う事聞いてないのは……汗)

そうそう、今回は幹事さん以外は行き先秘密のミステリーツアーでした(驚)

 

Img_4468

先ず最初の訪問地“ヒルゼン高原センター”に到着

現地担当者が最敬礼でのお出迎え?
「後にも先にも御バスが久々の団体様」って……

 

Img_4469

さあ昼食 “名物のジンギスカン”のプレミアムコース(マトン、牛肉、豚肉、鶏肉など)をご準備しました。  

 

 

Img_4470

ビールもどんどん進みます いや~ ほんま団体いてません(泣)

 

Img_4471

以前は乗務員、添乗員はお決まりのジンギスカンでしたが最近は食券で何種類かのメニューの内でチョイス
ジンギスカンはあんまり好きではないし焼く時間もかかるし、いつもオニギリしか食えなかったからありがたや Good!

今日は2011年にB-1グランプリを獲得したB級グルメ“ひるぜん焼きそば定食”にしましたが
見るからに私には足らんな(笑)

 

 

 

Img_4484

蒜山高原から国道482号線&313号線を抜けて倉吉市内へ

今回、初めてご案内した「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」へ到着しました。
ここは2018年4月に日本の老舗フィギュアメーカーの海洋堂、米子ガイナックスの協力を得て
旧明倫小学校円形校舎を利用して
オープンしたそうです。
オープニングセレモニーでは鳥取県選出のオタク国会議員 石破茂先生がコスプレで登場したとの事。

 

Img_4485

入場料:(特別展+常設展)高校生・一般/1,200円(常設展のみ1,000円/特別展のみ 600円)
小・中学生/600円(常設展のみ500円/特別展のみ 300円)、未就学児/無料

団体割引あり、旅行業者は全旅クーポン等の契約はあります。

 

Img_4488

今回は3/22迄開催されている特別展を合わせて見学しました。

 

 

Img_4489

皆様ご存じのウルトラマンシリーズに始まり……

 

Img_4495

人気のアニメキャラや動物、ミリタリー、TVヒーローなど驚くほど精巧につくられたフィギュア約2,000点を展示。
大迫力1/1スケールの恐竜フィギュアからお菓子のおまけとして制作した可愛らしいものまで
日本を代表するフィギュアメーカーの作品を中心に、見応えたっぷりの内容です。

 

 

Img_4504

倉吉市と連携を進めている作品「ひなビタ♪」のギャラリー展示室、スーパーマンの実物フィギュア、2頭身の
アニメやゲームのキャラクターなどをデフォルメしたフィギュアの事を言うネンドロイドの展示スペースや
様々なグッズが販売されるミュージアムショップが3フロアにわたって展開される。

今回は皆さん少しは興味を持って見学されました(滞在時間約40分)

私なりの感想ですが少しは興味はあるがコスパは今一かな? お客さん達は如何に?



Img_4508

続いて“白壁土蔵のまち”エリアに移動しました。

バスは観光案内所前に無料で駐車できます。

 

Img_4509

先ずは江戸時代末期、嘉永年間創業の老舗造り酒屋「元帥酒造」の建物が見えてきた。

 

Img_4510 

趣のある街中を歩いて見ましょう。

 

Img_4513

とりあえず、この地でのお勧め写真スポットから…… ここは「桑田醤油醸造場」です。

 

 

 

Img_4521                  

倉吉観光マイス協会には約5年前に大阪の旅行会社からUターンした塩川修氏がおられます。
お客さんを連れて行くと言いながらも何年ぶりでしょうか? 久々にお会いすることが出来ました。

頑張って倉吉を盛り上げて下さい! そして皆さんエエとこなんで是非、訪れて下さいね!

 

 

Img_4524

倉吉出身の“第53代横綱 琴櫻”の顕彰碑

 

 

Img_4525

倉吉観光を終え、市内から約25分 今晩のお宿 三朝温泉 依山楼岩崎 が見えてきました。

 

 

Img_4526

三朝温泉と言えば“河原露天風呂” 混浴ですが日中は男性で賑わう。

水着等の着用はNG! 24時間オープン 勇気ある男女は是非ご入浴下さい(汗)

 

 

Img_4527

客室から河原露天風呂を望む いや~ 丸見えやんか(笑)

 

Img_4528

「エッ これって俺の晩ごはん?」ってな訳ないか(笑)、夕食前の虫抑え 旅館の気配り ありがたく頂戴しました!

 

 

Img_4529

三朝温泉の現実を知る? いや、最近の温泉地や観光地共、“武漢ウィルス”の影響で悲惨な状態が続いているようだ……
今宵、三朝温泉では我々の観光バスの1台だった。

 

 

Img_4530

温泉の中央に流れる“三徳川(三朝川)” 綺麗な流れです

 

 

Img_4531

夜が近づくと三朝橋の欄干に灯が灯る 風情があるなぁ

 

 

 

Img_4533

1927年、全国的にヒットした小唄とそれを題材とした映画“三朝小唄”の歌碑が……

 

Img_4534

久々の温泉本通りを望む 何か昔の面影ないなぁ 何せ俺の知っている昭和の三朝温泉って十数年ぶり?

ノスタルジックな昭和の匂いが残る通りを歩いてみよう。

 

 

Img_4535

場末の温泉街の定番?射的&スマートボールがある“泉娯楽場” 変わってないなぁ 汗
この店の前には平成25年までニューラッキーと言うストリップ劇場があった。
今や芝居小屋やギャラリーみたいなスペースになっていた。
古き良き時代にはソープランドも2軒あったし、ポン引きがいたり、ちょっとした山間部の男性天国だった(笑)

今や全国有数のラジウム温泉という事だけの健全な温泉です 汗

 

Img_4536

とは言え、温泉街には場末のスナックが数軒ある 万が一に備えて下見もしましたが……

どこのスナックも昔の美女達が皆様をお待ちしていたりしてね? あぁ、ほんま昔は楽しかったなぁ
今や “ピチピチのギャル?”→→→制服が……   “20代のギャル?”→→→→自分の子供が…… 幻や(笑)

平日の夜なら倉吉市内へタクシーで向かうのが得策か?

 

Img_4537_20200322230501

いや~ ビックリ 温泉大通りにこんな看板が……
昔はこの建物の前にある西藤館という旅館の別館のようだったようだ。

元西藤館の庭には「皇居」「靖國神社」「島根県 竹島」「北方領土」などの方向板が建っていた。

ちょっと見てると中年男性がすり寄って来て「ご説明しましょうか?」 「いえ」丁重にお断りして逃げました(汗)

 

 

Img_4539

足湯と飲湯「薬師の湯」 2010年、ここで韓国ドラマ“アテナ(ATHENA)”のロケが行われたそうだ。

 

Img_4543

ぐるっと温泉街を周ったが 「あぁ もう昔の三朝温泉やない」 って実感したな……

よく送客した花屋別館は倒産して今や廃墟、経営会社が変わったいくつかの老舗旅館 寂しい限りやな(涙)

 

 

Img_4544

夕暮れ時に前を通ったが“栃餅(とちもち)”で有名な「松之屋」 やってるんやろな? やってるな? 恋谷橋の畔

 

 

Img_4545

温泉街内にはコンビニはない ローカルのスーパーマーケット“ぷちショップ三朝温泉”が旅館万翠楼の隣にある
何とオープン時間は午前9時から午後9時! 部屋飲みする方は早い目に仕入れして下さいね(汗)

 

 

Img_4551

夕食宴会のスタート 接待さんは4人も付いた 外国人社員も多く、イス・テーブルのスタイルを事前依頼しました。

 

 

Img_4556

今宵は かに会席「雪の宴」 料金的にはまあまあかな? いや客室は余分に頂きお客様達はゆっくりと入室。

 

 

Img_4560

宴会も終わり旅館内の“クラブ・ジヴェルニー”で2次会開催 90分飲み放題・歌い放題でお1人3,300円(税込)

 

 

Img_4567

23名が参加してくれました 少しは旅館に貢献できたかな?

皆さん 熱唱して22時30分に終了し、温泉入浴、部屋で3次会、はたまた数名の猛者は倉吉市内の場末スナックへ
タクシーで突撃したとの事、日曜の夜やからどうなんやろ?

結局、温泉街の場末のスナックへ行きませんでした(汗)

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

長崎は今日は雪だった♪ ありゃ? 2日目

Img_4241

夜中 寒くて何度か目が覚めた

ビックリ 天気予報当たっているやんか 薄っすら雪が積もり出していた。

 

 

Img_4244

6時から朝風呂に入って7時から6階の松風苑で朝食です。

皆さん 朝食もしっかり食べられてました 私も負けずにお櫃ごといっときますか(笑)

 

 

 

Img_4257

今日は長崎市内で軍艦島クルーズに乗船予定だったが予想通り風雨の為、休航となりました。

やまさ海運から9時に連絡をもらう事になってましたがインターネットでは早々と休航となっていましたから・・・・・・

予定通り、8時に旅館を出発です。

 

 

Img_4260

宮崎旅館の顔とも言える庭園も雪化粧 あぁ 寒そう

 

 

Img_4261

雲仙温泉から直行で国道34号線を経由して長崎市内へ向かう

しかし市内入る手前、数名が持たず「トイレっ!」

あぁ 困ったなぁ 国道沿いにはコンビニもない・・・・・

長崎ペンギン水族館方向へ道を逸れればセブンイレブンがある

助かった! 勿論、お店で買い出しも忘れずに(汗)

市電 蛍茶屋駅を通過、長崎市内に入りちらっとオランダ坂(写真)

 

 

Img_4262

昼食場所の“四海楼”横にある“市営松が枝第一駐車場”にバスは留め置きする事になる。

中途半端に雨がポツポツと降ってきましたが大浦天主堂、グラバー園に向けて皆さんでグラバー通りの坂道を上りました。

 

 

Img_4264

観光マップです  この付近は見どころも多い。

 

 

Img_4265

添乗員さんのお仕事:効率の良い観光順ですが・・・

①大浦天主堂で入場券を購入→②皆さんにお配りする(グラバー園見学後、見学する旨を伝達)→階段を走れ添乗員(汗)

③グラバー園で入場券を購入→④ガイドさんと共に皆さんは動く歩道を経由して一番上(旧三菱第2ドックハウス)へ

→⑤見学基本ルートを各自で見学してもらって下さい→⑥最終的に大浦天主堂を見学してバス駐車場へ再集合

※今回は両方合わせて観光時間としては駐車場往復として90分をお取りしました(大体こんな時間取りでOKかな?)

 

 

Img_4266

さあ グラバー園の第1ゲートへこの階段を上って料金所(入場券購入場所:15名以上は520円/個人は620円)へ

車椅子、ベビーカーでも見学は可能です、詳しくは事務所にお問合せ下さい。

 

 

Img_4269

グラバー園のマップです(入場券と共にこの園内説明文入りのマップは頂けます)

 

Img_4270

第1ゲートを入って動く歩道を乗り継いで一番上の旧三菱第2ドックハウスへ向かえます。

あぁ 助かります(汗)

 

 

 

Img_4283

旧三菱第2ドックハウスの建物です。

移築の建物で元々、造船所従業員の宿泊所だったらしいです。

 

 

 

Img_4284

上からは長崎港、稲佐山、長崎市内中心地が見渡せる。

三菱長崎造船所には海上自衛隊イージス護衛艦#178“あしがら”が見える。

 

 

 

Img_4285

パノラマ写真を撮影してみました。

 

 

Img_4287

移築された旧自由亭 日本の西洋料理発祥のお店らしい。

 

 

 

Img_4288

本来ならばこの長崎伝統芸能館奥にある“旧グラバー住宅”もメインの見どころだが現在、保存修理工事中で見学できなかった。

長崎伝統芸能館には長崎の秋の大祭“長崎くんち”に奉納される龍踊りの白龍、青龍、各町の奉納踊りを先導する

「傘鉾」と呼ばれる豪華な飾りなどを展示されている。

勿論、お土産物店を通過しないと出口に進めないよ(笑)  ※綺麗なトイレ有りましたよ

 

 

Img_4302

グラバー園を見学して大浦天主堂を見学

ここは19世紀の開国後に居留地の外国人の為に来日した外国人宣教師によって1864年に建てられた日本に

現存する最古の教会で国宝に指定されている。 入場料は20名以上900円/個人1,000円です。  うへ~ 高い!

 

 

 

Img_4305

昼食の予約は11時30分よりでした。

時間前になると個人客が並び始めましたが我々は予約しているので「お先に・・・」って横目にエレベーターで四階へ

いや~ チャンポン&皿うどん御殿やなぁ

 

 

Img_4306_20200301231701

ユニークなエレベーター 壱・弐・参・四・伍 の表示!

抜かりなくしっかりとCMも!

海が望める個室をご準備しました。

 

 

Img_4311

さあ いただきます! 勿論ビール&紹興酒もね(笑)

基本は団体様コースの“梅花” スーパイコ(酢豚)、水餃子、皿うどん(細麺)、ちゃんぽん、

マーラカオ(中華風蒸しカステラ)の5品でお1人2,035円税込 です。

※参考程度に団体メニューとして2,640円から6,270円の4種類のコースがありました。

※添乗員、乗務員はお客様と同食同料金で下のレストランで別途食べる場合は一般客と並ばないといけない(怒)

今回、私はお客様と同食、バス乗務員は現金を渡し好きなとこで食べてもらう事にした。

 

 

Img_4312

勿論 基本料理で足りる事無く事前に芙蓉蟹(フーヨーハイ)1,331円税込と焼き餃子1人前6個605円を追加注文した。

餃子の王将と比べれば高いな~ って(笑)

 

 

Img_4317

残念ながら軍艦島クルーズが欠航になったんで時間の余裕が出来たのでゆっくりお寛ぎ頂きました。

 

 

Img_4319

窓からは軍艦島クルーズ会社の“軍艦島コンシェルジュ”のクルーズ船が見えた。

今回、当社が利用予定であった“やまさ海運”のクルーズ船は87総トンのマルベージャ3と97総トンのマルベージャが

就航しているようだ。  -残念-

 

 

Img_4321

デザートにニューヨーク堂の長崎カステラアイスびわ味を買ってみた(270円税込)

3口で食べ終えたけど、コスパはどうなんかなぁ?

 

 

 

Img_4322

昼食を終えて四海楼から駐車場を挟んだ場所にある“軍艦島デジタルミュージアム”へ

私は初訪問だったがバスガイドさん曰く、たっぷり1時間の見学時間を取る事を勧められた。

 

 

 

Img_4325

全身で軍艦島を体感!

全長30mの巨大スクリーンに映し出される圧巻の軍艦島アーカイブ

元島民のスタッフ達が体験談と共に説明してくれた。

最盛期には様々な間取りをした30棟以上のアパートが林立していたらしい 左下の写真は1950年当時の部屋を再現している。

 

 

Img_4329

VR(ヴーチャル・リアルティ)+リアル=MR(ミックスド・リアルティ) 

軍艦島30号棟の1/30の模型 当時としてはハイカラやったんやそうです。

写真左下の軍艦島(正式名称:端島)の高台に建つ端島神社は炭鉱の坑内安全を願う島の守り神でした。

炭鉱作業員、島の主婦・・・・・  コスプレもできました(汗)

 

皆さん 曰く 船に揺られて行くよりは興味深く見学出来たって…… まあ、今日みたいな天候だったらね(汗)

 

 

 

Img_4352

最後の訪問地 ここ平和公園はやはり外せないでしょう。

お馴染みの平和祈念像は平和のシンボル。 上空を指す右手は原爆の脅威を、水平に伸びた左手は世界平和を、

軽く閉じたまぶたは原爆犠牲者の冥福を祈っていると言われてます。

 

 

Img_4354

さすがに皆様、バスガイドさんの案内に聞き入っていました。

昨今、当たり前のようだがここ長崎と広島が犠牲になった上での平和に感謝しなければいけない。

“平和の泉”は原爆のため体内まで焼けただれた被爆者たちは「水を、水を」とうめき叫びながら死んでいきました。

その痛ましい霊に水を捧げて冥福を祈り世界恒久平和と核兵器廃絶の願いを込めて浄財を募り建設された円形の泉です。

右下の写真は平和公園から少し南に離れた松山町上空約500mで原子爆弾が炸裂したという事で付近を撮影しました。

 

 

Img_4361

長崎空港は大村湾のほぼ中程、海岸から約2kmに浮かぶ箕島(みしま)全域を開発することで1975年5月1日に

世界初の海上空港として開業した。 何となく小さい関西空港みたいですね。

最後の最後、雨も上がり薄っすら陽も差してきた、あ~ぁ、残念やなぁ

 

 

Img_4363

ちょっと時間取り間違えたかなって思える程、順調にスケジュールをこなせた。

出発時刻は17時30分 空港に着いたのは15時30分頃でした。

皆さん、2階でお土産物を買われたりレストランで一杯飲んでました(汗)

 

いよいよ離陸 パラパラ雨が降ってきた やっぱり ♪長崎は今日も雨だった♪ ・・・・・ やったかな?

 

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

長崎は今日も雨だった♪ 1日目

Img_4079_20200301132301                          

今日から毎年恒例のある組織団体の社長の会で長崎へ1泊2日の旅です。

ご多聞に漏れず、コロナウィルス蔓延防止策で我々、搭乗客達も航空会社地上職員達、機内ではCAさん達もみんなマスク姿!

雨模様も相まって気が重い添乗になりそうや(泣)

 

 

 

Img_4081

皆様、元気に長崎に到着し、早速、空港内のセブンイレブンでガソリンを購入? 注入しました(笑)

 

 

 

Img_4082

昼食は長崎名物 “卓袱浜勝(しっぽくはまかつ)”にて

 

 

 

Img_4083

卓袱料理とは簡単に説明すると写真のような中国料理や西欧料理の日本化した宴会料理ですね

今回のメニューは右の「ぶらぶら卓袱」をご準備しました お1人様4,290円

ここ浜勝は皆さんご存知の長崎チャンポンで有名な全国展開の“リンガーハット”の関連会社です

長崎県民に聞くと「長崎で一番美味しいチャンポン店は?」 「リンガーハット」やって・・・・ 汗

 

 

 

Img_4084

早速、皆様にはビールで乾杯   ありゃりゃ バスガイドさんの説明、私も含め誰も聞いとりませんでした(反省) 

皆さんお酒大好き そんなの関係ね~  芋焼酎もボトルでご準備しました!

 

 

 

Img_4085

お客様は“ぶらぶら卓袱”(業務をしながらなんで一部メニューの写真はありません)を召し上がって頂きました。

卓袱料理では挨拶、乾杯よりも先に「お鰭(おひれ)」と呼ばれるお吸い物を飲むのだとスタッフからの説明があった 

皆さん暴走しましたね?(笑)

 

料理は豆の密煮、刺身盛合せ、酢の物は尾羽鯨(おばくじら)いわゆるオバケの湯引き、揚げ物は「ハトシ」これは海老と白身魚の

すり身を食パンで挟んで油で揚げたもの(ハはエビ、トシはトーストを意味する長崎の方言)と続き、その後は口取り盛り合わせと

カラシを付けて頂くと尚一層美味しい豚の角煮が運ばれた。ご飯、漬物で最後かと思いきや何だこのお椀は? 

“梅椀(うめわん)”と言うお汁粉のようなもので〆料理らしい デザートもありますが・・・

 

右上の写真は添乗員用の賄いめしです、内容はほぼお客様達と同様 ありがたく素早く頂きます

 

 

 

Img_4105

昼食とお酒の影響もあって皆さん瞬時に眠たくなる? バスに乗って10分も経たないうちに到着!

さあ、午後から観光ですよ! 先ずは“長崎孔子廟・中国歴代博物館”から  ここが孔子廟入口の小門で黌門(がくもん)と呼ばれる。

 

 

 

Img_4106

黌門の横には見どころ案内が掲示されている(入場料を支払うとパンフレットをもらえる)

 

 

 

Img_4108

無料のバス駐車場から道路を横ぎり、黌門(がくもん)を潜り先ずは入館料を支払う 大人600円也

 

 

 

Img_4109

有朋自遠方来、不亦楽乎  「 友あり遠方より来たる、また楽しからずや」

これは「論語」冒頭の一節やけど「論語」は「孔子」が著作したように思われてるけどほんまはそうとちゃうらしい。

生前の孔子が弟子たちに説いていた様々な教えや言葉を後年になってその弟子たちがまとめたものらしいで。

 

 

Img_4114

儀門(ぎもん)を潜り正面に“大成殿(たいせいでん)”が見える 両サイドには72賢人石像が建っている

大成殿の中には孔子座像が祭られている 儀門横には座右において戒めとする器と言う意味を持つ“宥坐之器(ゆうざのき)”や

孔子の言葉を書写できるコーナーもあるので上手に水を注いだり孔子の八徳や論語を筆で書いてみましょう。

大成殿を抜けると中国歴代博物館があり館内は撮影禁止だが2階に中国歴代文物展示館、3階には長崎孔子廟に関わる

史料文物の展示館があり興味深い方々は時を忘れて見入ってしまうようです 今回は・・・・・?

 

 

 

Img_4126

続いてバスを10分程走らせて到着したのは“出島”

入場は中央・表門メインゲート前でバスを下車して橋を渡って表門から入場です 槍を持った門番が寒そうに震えてました(笑)

ここで入場料520円を支払います。

 

 

 

Img_4128

先ずはお決まりの記念写真ですね その後は自由見学してもらいました。

お勧めの見学方法は中央・表門メインゲートから入場してから時計回りでどうぞ!

 

 

 

Img_4132

手っ取り早く見学するには出島の中の出島 1/15のミニチュアの世界へどうぞ!

残念ながら? 出島内は禁煙です。

 

 

 

 

Img_4139

色々と復元された建物が規則正しく建っています。順序よく見学するには中央・表門メインゲートから入場し、時計回りがお勧めです。

最後に西側・水門ゲート付近の商館長次席ヘトルの住まいであったヘトル部屋内にはトイレやミュージアムショップが完備される。

また、この付近にはコスプレ侍とかがうろついておるぞ(左上写真)

 

 

 

Img_4159

1888年 中島川変流工事で削られたて1636年出島築造当時に較べて狭くなっているとのことです。

西側・水門ゲート(右上写真)の一部は今や国道の下に埋もれている。

バスが待機しているのは西側・水門ゲートから退場して中島川を横切る国道出島海岸通りを前進し、江戸町通りと交差する付近です。

この角には綺麗な公衆トイレもあります。

 

 

 

Img_4163

国道出島海岸通りの向こうには今や日本や世界新三大夜景で有名な稲佐山が見える

 

 

Img_4166

長崎市内にはまだまだ路面電車が大活躍らしい 何せ運賃はどこまで乗っても130円均一やから? 1日券大人500円やって

 

 

 

Img_4172

日本最古のアーチ型石橋の“眼鏡橋”下車せずに車窓から・・・

以前は近くにあった老舗「江崎べっ甲店」と抱き合わせで見学&ショッピングというパターンやったんやけど昨年倒産したんやって(汗)

 

 

 

Img_4177

長崎土産と言えば「カステラ」 雲仙温泉に向う途中、トイレ休憩も兼ねて和泉屋 長崎カステラランド(元愛野ベルハウス)に立ち寄り

しかし、お客さん達の財布の口は堅い(苦笑)  

初日と言う事もあるが長崎和泉屋って知らんなぁ・・・・・ まだまだ買う店あるやろうって・・・・・  こんな時、添乗員は辛い(泣)   

ご自宅から美味しくて有名店のものを買ってくるように催眠術をかけられているお客さん達(汗)

バスで観光時、“3時のおやつは・・・♪” のCMで有名な文明堂総本店の前を何度も行ったり来たりしてるしな~

あ~ぁ お客さん CM思い出さんどって 口ずさまんどって下さい

 

 

 

Img_4180

小浜温泉を通過して雲仙温泉 宮崎旅館に到着しました

あ~ぁ 久しぶりの宿泊だが来月から2年ほど全面改装で休館するとの事 ビックリですけど老舗ならではの接客は健在ですが

建物は今やレトロの域に入っていると言っても過言ではない

2年後が楽しみですね

 

 

 

Img_4182

ちなみに私は特大で余裕です(汗)

 

 

 

Img_4183

添乗員にとっても嬉しい旅館です。 宴会前に小腹減った時に助かります。

文面は宮崎旅館をお客様にご推薦、ご利用頂き誠にありがとうございました・・・・・

それもそうですけどやっぱりお客様が旅館をお選び頂き、実際、納得して楽しんでもらえ、お金を落としてくれるんが一番ですよね。

 

 

 

Img_4187

宴会スタイルは座敷に座布団ではなく、高座椅子をリクエストしました 年々、皆さん足腰弱ってくるんで楽に座って下さいね

 

 

 

Img_4199

勿論、コンパニオンを入れるんで飲み放題(コンパさんも1人1,000円の飲代追加必要) ここは飲物の種類が豊富で助かります。

焼酎は定番の芋焼酎“黒霧島”と“じゃがたらお春”で北海道に次ぐ生産量を誇る長崎県産の新鮮な馬鈴薯を原料に造った

本格じゃがいも焼酎です。命名は悲しい歴史を感じるが味はすっきりまろやかで気が付けば長崎空港の2階奥売店で買って帰ります。

 

 

Img_4202

「ムム~ッ」 今回のコンパニオンは・・・・・?

17名のお客様に対して5名 こんなもんか? コンパさんは写真の通り、座敷に正座しての接客です。

 

 

Img_4203

今晩の夕食メニュー 添乗員宿泊代も支払っているのでお客様のメニューと同じものを部屋に出してくれてました。

ビールを飲みながらひとりめしとするか。

 

 

Img_4205

雲仙温泉エリアには大人数で2次会するような飲み屋、コンビニはありません。

館内の和風バー「白秋」でコンパニオンのチーフが仕切ってくれて貸切として安く花代もあがった。

90分で終えて22時30分には散会しました。

温泉は24時間オープンしているんで酔い覚ましして皆さん楽しまれたようでした。

さあ、私はメシ食って風呂は明朝に入ろう!   -おやすみなさい-

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

釜山で新年会! 2日目

Img_2822

2日目の朝はロッテホテル裏のいつものところへ

 

 

Img_2823  

朝食は「済州家」で“あわび粥”と“アマダイ焼き定食”と“ウニスープ” 朝のビールは止めとこう(笑)

 

 

 

Img_2828

腹ごなしで「釜田市場」へ歩いて向かう。
特に買うものはないけど市場の中を見て回った。

 

 

Img_2829

疲れたんで甘いものが欲しくなったんで……

      

昨夜に続き、日本語ガイドの金かあちゃんと11時にロッテホテルで待合せ
「ランチは何を食べたい?」 って聞かれたんで私は「焼肉!」と即答しましたが……

 

私は牛肉を食べるつもりだったけど彼女は豚肉と思いこの店をチョイス(汗)

Img_2831

11時30分 開店と同時に店に乱入(笑)

ここはロッテホテル直ぐ裏のサムギョッサルの有名チェーン店「マッチャンドゥル ワンソグムクイ 西面店(맛찬들왕소금구이 서면점)
」 店に入ると有名人たちのサインが飾ってあり、何やチャラチャラした店と違うんかいな?

しかし、ドンドン韓国人や日本人観光客が入店し、満席状態になった。
人気店みたい?

 

Img_2833

注文は彼女に任せました。
先ずは珍しいパンチャンのオンパレード! ごま油がポイントのもやしナムル、白キムチや見たことのないおかず類でビールがすすむ。いよいよ、お店の一押しメニュー“スッソンセン サムギョッサル(いわゆる熟成三枚バラ肉)”を店員のあんちゃんが上手に焼いてくれるのがありがたいね。

肉は岩塩を付けたり“セウジョッ(アミの塩辛)”を炙ってニンニク、野菜と共に食べると美味いらしいが、私、今一、アミの塩辛が苦手なんで外して食べた。

 

Img_2835

久々の“チョウンデイ”とTERRAはないんで“カスビール”
私は酔えたらエエんですけど(笑)

 

 

Img_2838

私は壁に貼っている“牡蠣”のメニューが気になって店員さんに聞いたところシーズンなんでお勧めって言うから注文しました(W13,000)

牡蠣を少し炙って白菜に包んで食べる。
まあまあやね?

聞くところによると15時迄は肉を頼めば石焼ご飯とテンジャンチゲがサービスらしい。

 

 

Img_2839

別腹? 宿泊した釜山ビジネスホテル1階のベーカリーショップでコーヒーブレーク

 

15時のエアプサンなんでそんなにゆっくりは出来ませんけど……

タクシーで金海空港へ向かい13時30分頃到着。

 

 

Img_2840

いつものように制限エリア内に入って大急ぎでコンビニCUで缶ビールやバナナ牛乳を買う。

 

 

Img_2842

搭乗ゲート横のラウンジでビールを一気飲みした。
あっと言う間に搭乗時間となる。

 

 

Img_2843

搭乗ゲート横にあった計量計。
航空会社別に重量や持込サイズなどが記載されていた。

まあ、釜山なら国内旅行感覚で行ける楽々な旅……
荷物もさほどないね。

それでは帰国するとしましょう!

 

Img_2844

今回は真露が出してるビール「テラ(TERRA)」とロッテ酒類が出している「クラウド(KLOUD)」と特に女子に人気のある焼酎「ジョウンデ」、新鮮さが売りの「バナナウニュ(バナナ牛乳)」を買って帰りました。勿論、ロッテデパート地下でスルメと韓国海苔と共に(笑)

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

はじめて釜山ビジネスホテルに宿泊しました

Img_2770

今回はじめて利用した「釜山ビジネスホテル」 今まで西面に来たらよく前を通ってましたし、隣にはグループで利用する海鮮鍋で有名な「海東ヘムルタン」があります。

いつも利用している「TRFホテル」よりも部屋代は高いがロケーション抜群です。
地下にある駐車場は70台収容、宿泊者に限り無料です。

 

 

Img_2772

1階にはお洒落なベーカリー 2階はカフェになっています。

 

 

Img_2773

エレベーター内の様子 ホテルは2015年開業 11階建で全234室
チェックイン15:00~/チェックアウト11:00

 

 

Img_2774_20200223141101

エレベーターホール 規模の割に3基ある。

 

 

 

Img_2775_20200223141101

客室ドア 勿論オートロックです。

 

 

Img_2779

ツインルームです。

 

 

Img_2777

トイレはウォシュレットです。

 

 

Img_2778

バスタブあり、可動式のシャワーノズル。

 

 

Img_2780

シンプルなデスク フリーwifi、110Vと220V、USB充電あります。

 

 

Img_2783

シングルルーム

 

 

Img_2784

シングルルームはシャワーのみ、トイレはウォシュレットです。      

| | コメント (0)

釜山で新年会! 1日目

 またまた釜山です(汗)

 

Img_2775_20200420222401

今回は激安のエアープサン“スーパーSMARTスペシャル”利用の為、受託手荷物なしですが機内持込手荷物(重量は10㎏以下で横55×縦20×高さ40 合計115cm以内は1個無料)1泊なら重たいものを買わなければ十分ですね。ちなみにもうひとランク上の“SMARTスペシャル”ならば15㎏以内の受託手荷物1個は可能です。

そう言う事で利用時間帯、最低限のサービス、座席のピッチ等をふまえ、「エアープサン」が好き(笑)

 

Img_2776_20200420222401

金海空港に到着後、少し両替しておくか……

WE SELLを参考に30,000円がW330,000になりました。

日本語ガイドの金かあちゃんがマイカーでお迎え。

とりあえず今宵の宿「プサンビジネスホテル」へ向かう。

 

 

Img_2785_20200420222401

ちょっとした隙に「ロッテホテル」2階カジノへ直行(汗)

お~ッ、カニ代(約47,500円)が出たぞ 笑

 

 

Img_2792_20200420222401

新年会はカニで有名な機張へ! 金かあちゃんも一緒に行くんで自宅にマイカーを置きに帰り、KORAIL釜田駅で待合せ、東海線で機張駅まで約30分の列車の旅!

 

 

Img_2793_20200420222401

機張郡の観光マップ。

 

 

Img_2794_20200420222401

以前、個人的に行った時は路線バスを乗り継いで機張に行ったもんだ。
ここ機張市場は買い物は勿論、ローカル客もカニを食べに沢山訪れるところです。

 

 

Img_2798_20200420222401

以前、良くクループでも利用した「シンシンテゲ」
私も少しは貢献? 今やカニ御殿、いや自社ビル(驚)

 

 

Img_2799_20200420222401

今回は金かあちゃんの知人のお店「キジャン シジャン テゲ(기장시장대게)」

店名はズバリ「機張市場カニ」です! 
住所:부산시기장군기장읍동부리275-2 
TEL051-721-0010

 

 

Img_2800_20200420222401

先ずは店頭で重さを確認し、カニを選ぶ、あんちゃんのお勧めPUSHがキツイ(汗)
今回はグラム数、金かあちゃんのお陰で少しサービスね……って。

 

 

Img_2801_20200420222401

先ずはパンチャン類から! 刺身、貝類の入ったナムル、海老マヨ、海藻入りのチジミ。

 

 

Img_2806_20200420222701

メニュー どのお店も同じですがカニ類は時価!

 

 

Img_2807_20200420222701

釜山で愛飲されるC1焼酎でも知られる大鮮酒造の“デソン”、最近はまっている真露TERRAビールを浴びました(笑)

 

 

Img_2808_20200420222701

食べ易くアジュマがはさみを入れてくれていて無言でむさぼりつく(汗)
今年は韓国でもカニは例年に比べ高めでした。

 

 

Img_2813_20200420222701

〆はテンジャンチゲとポックンパッ(カニ味噌入り焼き飯)
あぁ、すべて美味かった……

 

 

Img_2817_20200420222701

懲りないオヤジはまたまたロッテホテル2階へ
少しは時間かかって前後したがツアー代は出たかな?

あとの行動は聞かないで下さい(汗)

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

帰国日の朝はこれで決まり!

タイ・バンコクのドンムアン空港に無事到着

Img_2755

往路と同じくPriority Passでラウンジにて小休止。

 

 

Img_2757

ドンムアン空港から関西空港へ

 

 

Img_2758

あぁ 眠い 早く乗せてや!

 

 

Img_2759

関西空港に9時前に無事到着
いつもの3階「さち福や」で朝食ブッフェ(KIXカード利用で1,050円)

 

 

Img_2771_20200412134001

今回のお土産は・・・
「The 1872 Clipper Tea Co」の紅茶ティーパック マンゴとピーチ(各S$20)

 

 

Img_2770_20200412134001

今回のお土産は・・・
「ヤクン(Ya Kun)」のカヤジャム

 

 

Da720b3cdc6d40ada45bf876843a9743

今回のお土産は・・・
「TWG」の紅茶 S$26

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

JEWELは凄いなぁ

『おはようございます、お騒がせしました、ベビーカー有りました』お客様からの電話でした。
ドライバーがサンズに届けてくれたらしいです(私にしたらドライバー ボッとしとるな 怒)

あぁ、安心しました。
教訓:タクシーに乗る際は車番や領収書は必ずもらいましょう
シンガポールではベビーカーはパクられんやろ?

 

さあ、いよいよ最終日、あっと言う間やったなぁ。
残った観光地へ行く事にしよう。

 

Img_2645

MRTラッフルズプレイス駅下車。

 

 

Img_2647

あぁ、そう言えば今回「ナイトサファリ」や「セントーサ島」へは行かんやったな。

 

 

Img_2649

「ザ・フラトン・ホテル」も旧正月の飾りつけがされていた。

 

 

Img_2651

「アジア文明博物館」はこの先の左側にある。

 

 

Img_2660

「吐いて」「頭を洗って」「飲んで」それからサンズを摘まむ……
         おいおい、ふざけた大阪のオヤジ あるあるでした(笑)

 

 

Img_2663

マーライオン公園から中途半端な距離だったんで徒歩にて「サンテック・シティ・モール」へ

 

 

Img_2664_20200412132301

途中、フルーツスタンドで“ドラゴンフルーツの生ジュース”で喉を潤す。

 

 

Img_2667

シンガポール市内観光の定番「富の噴水(Fountain of Wealth)」へ
フードコートにはフィリピンのファストフード“ジョリビー”もあった。

 

 

Img_2684

ホテルに戻る前、美味しそうなパン屋さんでパンを買って2日連続で生オレンジジュースと共に!
ちなみにペットボトルのコカコーラライト500mlはS$2.7(約220円)

 

 

Img_2688

ホテル5階に降りてみた。

 

Img_2689

クラブラウンジです。

 

 

Img_2691

プールは5階にありアーバンリゾートを楽しめる。

 

 

Img_2694

特典で14時レイトチェックアウトだったんでオジサンはまたまたプールではしゃぐ(笑)

クロークで荷物を預け周辺をウロウロした。

 

 

Img_2695

DFSギャラリアです 中国大陸からの中国人観光客でいっぱいでした。

 

 

Img_2709

老舗ホテル「グッドウッド・パーク」

 

 

Img_2714

15時頃になりやっと腹減ったんでION地下のフードコートで軽食。

ホテルで荷物を引き取りMRTでチャンギ空港へ向かう。

 

 

Img_2721_20200417001201

MRTイーストウエスト駅ホームでチャンギ空港行へ乗換え
ここからは荷物スペースの広い車両でした。

 

 

Img_2724

MRTチャンギ空港駅から空港ターミナルへ移動する。

注:改札口でツーリストパスのデポジット(S$10)の払戻し忘れずに!

 

 

Img_2725

ターミナルへの移動では迷うこともないでしょう。

 

 

Img_2727

チャンギ空港のT1からT4ターミナル 就航航空会社の案内図。
ジュエルへの行先案内があちこちにあります。

 

 

Img_2728

2019年4月17日にチャンギ空港に複合施設として「ジュエル(JEWEL)」がオープン!
ターミナル1(T1)に隣接しておりMRT駅近くのT2からでは遊歩道やスカイトレインで
行くことができる、今日は動く歩道(遊歩道)で行く事としよう。

それではジュエルに入ってみましょう(現在、英語版のパンフレットのみあります)

 

 

Img_2737

中央には名物「ウォーターフォール」がある。
搭乗まで時間有れば各種アトラクション(一部有料))を楽しんだりショッピング、
食事を楽しむ事が出来ます(出発の5時間以上前には到着したいですね)

 

 

Img_2739

T2⇔T3間のスカイトレインは無料でジュエル内の滝の真横を走行します。

 

 

Img_2740

ターミナル2へ戻ります。

 

Img_2742_20200417001201

ターミナル内の案内板には日本語も記載されているので迷う事はない。

 

 

Img_2743_20200417001301

T2からエアーアジア搭乗手続カウンターのあるT4までは約5分程のシャトルバスで移動。

 

 

Img_2748

受託手荷物のお預けは無人カウンターで手続する事となり
関西空港までスルーで運んでもらえる。

 

 

Img_2752_20200417001301

7%のGST(Goods and Services Tax)いわゆる消費税の還付を受ける事が出来る
カウンターはこちらです、まず、中央のeTRSセルフサービス・キオスクで手続して下さい。
(加盟店舗での購入額がS$100以上のものが対象です)

 

 

Img_2753

出国エリアには喫煙室もあるので愛煙家は最後の一服をお楽しみ下さい。

さあ、搭乗しますか!

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

お客さんをマリーナベイサンズでミーティング

シンガポール航空ビジネスクラスで到着された3世代のお得意様ご家族を
マリーナベイサンズで待ち受けました。

Img_2545_20200417000401

お客様達は早朝5時30分頃にチャンギ空港に到着
お迎えはJTAさんに専用車&日本語ガイドを手配を依頼しました。

私はマリーナベイサンズに6時30分頃から待機、お客様達は7時15分頃には無事到着。

フロントに1部屋だけでもアーリーチェックイン出来ないかと交渉しましたが駄目でした。

荷物をクロークに預け、フードコートにご案内し、軽い朝食をお楽しみ頂きました。

その後、8時から引続き専用車&日本語ガイド付で4時間市内観光と言う流でしたが……

結局、ホテル出発は8時30分頃で私の業務は終了でした。

今回の私の動きはお客様の宿泊代の支払い、専用車&日本語ガイド手配、ホテルでのお出迎え
えッ これだけの為に現地へ? とお思いでしょうがこの機会にシンガポール現地視察を
兼ねて自腹で2泊5日の旅でした(LCC利用、ホテル代はBONVOYのポイントで無料、1泊目、
食事代は結果的にはカジノさまさまでほぼカバーでしたから 笑)

 

 

 

Img_2548

午前中、早々とエクスプレス・チェックアウト!

しかし……

 

 

Img_2549

「やらかしました!」・・・
ルームカードとMRTツーリストパスを間違って投函(泣)

結局、フロントスタッフを呼び、鍵を開けてもらい無事チェンジ(汗)

 

 

 

Img_2550

遅めの朝食はMRTオーチャード駅下車で2泊目のMARRIOTT TANG PLAZAに
行く途中にあった「ヤ・クン・カヤ・トースト」で定番カヤ・トースト!

ヤ・クンはシンガポールではマクドより多いお店です!

シンガポール朝食の定番 カリカリの薄焼きトースト(日本で言うなら10枚切)に
ココナッツミルク、卵、砂糖に香り&色付けの葉であるパンダンリーフを使って作った
カヤジャムとバターを塗ったものと半熟卵(濃口または薄口醤油をかけてトーストに
浸して食べるのが一般的です)、飲物はむちゃくちゃ激甘のコーヒー(Kopi)!

 

 

Img_2551

今宵のホテルはオーチャードロードとスコッツロード角にある
『マリオット・タン・プラザ』 BONVOY(元SPG)メンバーのポイントで宿泊代はロハ!

 

 

 

 

Img_2554

ダメ元でSPG専用チェックインカウンターで
白々しく『荷物だけでも預かって?』って言って見ました(汗)

『お部屋直ぐに準備できますよ』 ラッキーやなぁ~

 

 

Img_2555

各フロアの様子です。

 

 

Img_2556

非常口の案内。
今回のお部屋は25階でした。

 

 

Img_2557

コーナーのお部屋で少し広いかな?

 

 

Img_2558

古さは否めないがシンプルで小綺麗なお部屋でした。

 

 

Img_2559

ベッドは俺にとって少々小さいかな?

 

 

 

 

Img_2560

バスローブが準備されています。 トイは普通でした(笑)

 

 

Img_2561

可動式のシャワーノズル デブにとって座ってシャワー出来るのはありがたい!

 

 

Img_2562

アメニテイ類は「タン(THANN)」
タイのナチュラルスキンケアのブランドでマリオットでは良く使用されている。

 

 

Img_2563

手を付けてはいけないミニバー類(笑)

 

 

Img_2564

豊富な冷蔵庫のドリンク類、これまた油断大敵(笑)
右側にはカプセルタイプのコーヒーメーカー(これは無料で飲めますよ)

 

 

Img_2565

引き出しを開けると無料で飲めるスティックコーヒーやTWG紅茶も置いてある。
勿論、お持ち帰りやわ~(笑)

 

 

Img_2566

スリッパも準備されている。

 

 

Img_2567

もうひとつのバスローブと室内金庫、ドライヤー、アイロンも準備されている。

 

 

Img_2569

窓から見下ろすとシンガポールらしい建物が見える。

 

 

Img_2570

高層ビル群も見えます。

 

 

Img_2573

中華風のルーフ、ホテルの全景です。

 

 

Img_2575_20200417000501

ランチを食べにチャイナタウンへ向かった。
パゴダ・ストリートは旧正月を迎える準備で混みあっていた。

 

 

Img_2577

旧正月のデコレーションがあちこちで飾られています。

 

 

Img_2579_20200417000601

「スリ・マリアマン寺院」
シンガポール最古のヒンドゥー教の寺院です。

 

 

Img_2582

「ブッダ・トゥース・レリック寺院」
パワースポットとしても有名、ミャンマーで発見された仏陀の歯が納められてるらしい。

ほんまかいなぁ?

 

 

Img_2588_20200417000601

ここは『京華小吃』本店 オーチャードやブギスにも支店があるらしいです。

『あぁ、腹減った!』 横から“るるぶ”を持ったオバタリアン軍団に先を越された(泣)

 

 

Img_2589

先ずは大瓶タイガービール(S$10) あぁ、うめェ~
つき出しのピーナッツ(S$1)をつまみながら軽くビール1本が空く程の好物!

料理がきたところでビールもう1本
もちもちの焼き餃子と小籠包を食す ナプキンは1枚S$0.3 持ってるけどまあエエか。

エッ こんだけで足りますか?

 

 

Img_2593_20200417000701

実はココにも来たかったんです……
「マックスウェル・フードセンター」

 

 

Img_2594_20200417000801

連日の行列店で有名な「天天海南鶏飯」をはじめ約100店が軒を連ねる。

シンガポール在住のYou Tuberお勧めのホーカーです。

 

 

Img_2596

「阿仔開南鶏飯(AH TAI HAINANESE CHICKEN RICE)」のチキンライスS$3
ここのオーナーは元天天の料理人 あまり並ばなくても食べれて味も変わらないという事で
ローカルにも人気があるらしい、それと「老伴豆花(LAO BAN Soya Beancurd)」の
原味豆花(オリジナル)豆腐S$1.7(杏仁豆花はS$2.2)トゥルントゥルンの触感が美味し!

 

 

Img_2599

こんなとこにコナンが!
シンガポールでも人気らしい。

 

 

Img_2604_20200417000801

ムムッ 匂うなぁ?
猫山王(Mao Shan Wang)は甘くてねっとりクリーミーな食感のドリアンの種類。

 

 

Img_2605

こういうオブジェがあるとついついやりたくなる大阪のおっさん(笑)

 

 

Img_2606

MRTサマセット駅で下車 
このバスは主な観光地を周回し、乗り降り自由のBIGBUS SINGAPOREの2階建バス。

 

 

Img_2610

ここは「義安城(ニーアンシティ)」は高島屋をはじめ日系店舗が多数入店しているビル。

 

 

Img_2613

オーチャード中心地に建つ「義安城」の前には有名ブランドが並ぶ「パラゴン」がある。
ほんまブランド天国やなぁ(驚)

 

 

Img_2616

ここはエスニック感が漂うショッピングセンター「ラッキープラザ」

 

 

Img_2617_20200417000901

昔は怪しい雰囲気満々やったラッキープラザ 今や小綺麗になってますやん?
両替店やお土産物店、マッサージ店と俺にとってもエキサイティングプレイスだった(笑)

旧正月前と日曜も相まってフィリピン人メイドさん達が一時帰郷用の航空券や
お土産物を買う為に溢れかえっていました。

何とか探し足裏マッサージで疲れを癒した(汗)

 

 

Img_2623

ホテル近くまで戻ってきました。
ここION(アイオン)はオーチャードロードのシンボル的な巨大ショッピングセンター。

 

 

Img_2625

シンガポールで紅茶と言えば“TWG”ですが……
今回はIONの地下4階にある「THE 1872 Clipper Tea Co.」を訪ねてみた。
数種類のフレーバーティーの試飲が出来るし、小さいながら椅子&カウンターで
飲むこともできます。
左は“シンガポールスリングアイスティー(勿論バージン)”、右は“ライチティー”
いずれもS$5.70でした。

 

 

Img_2632

オーチャードロードにもERP(電子道路課金制度)が設置されていた。

 

 

Img_2633_20200417001001

同行者は引き続きショッピングとの事でオジサンはホテルに帰ろう。
途中、旧正月に目掛けてローカル旅行社がトラベルフェアを開催されていた。
同業者として興味があった。

 

 

Img_2638

ひと眠りして起きたら無性にスペアリブが食べたくなった。
世界各国にある『アウトバック』に行くしかない?
同行者からはブーイング(汗)
何もシンガポールまで来てまで……

何やかんや食って飲んでS$140 こんなもんか?

そんな時に携帯電話が鳴った・・・
マリーナベイサンズに宿泊されているお客様からでした。

『えらいこっちゃ、タクシーのトランクにベビーカーを忘れた』
『夕食に行く時、ワンボックスタクシーをホテルコンシェルジュに頼んだ』
『もう夜だしタクシーの番号も分からないし、どうしよう?』

『とりあえずホテルへ戻ってからコンシェルジュに連絡して下さい』とお伝えしました。

まあ、明日の朝に私からホテルに確認する事で電話を終えた。

 

 

Img_2640

帰りに前から気になっていたフレッシュオレンジジュースの自動販売機
先ずシンガポーリアンが買うのを見て次は俺の番!

オレンジがゴロロンと5個位やったかな? これでS$2は安いでしょう!

サマセットからオーチャードまで1駅やったけど疲れたんでMRTでホテルに帰りました。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

今日はプライベートでシンガポールを歩いて見た

早朝4時頃、タイ・ドンムアン空港に到着。
Priority Pass利用でラウンジで小休止。

おっさんには辛いスケジュールやなぁ(汗)

6時30分ドンムアン発で約2時間30分のフライト後、シンガポール到着しました。

 

Img_0000

シンガポール入国審査を終え、ちょこっと撮影 ほんまはあかんけど……(汗)

 

 

Img_0001_20200412104001

今や各国主流となった到着時の免税店です、種類は豊富でした。

 

 

Img_0002_20200412104001

東南アジアで特に人気のGrabや世界的に有名なUberも登録してますが
直ぐに待機していたんでチャンギ空港からマリーナベイサンズへは
タクシーを利用しました。

よう話かけてくるドライバー シングリッシュ爆発でしたよ(笑)

 

 

Image0

約20分程度 混雑もなくホテルへ
原則的にはチップは不要ですがおつりは微々たるものだったんで
S$17(約1,400円)を渡しました。

タクシーの料金は各社で微妙に異なるようですが最初の1kmがS$3.90
その後、10km以内で400mごとにS$0.22、10km以後で350mごとにS$0.22
その他、利用曜日、祝日、深夜などで追加料金が必要です。
チャンギ空港発の場合、S$3~5が追加される。

 

 

Img_0003_20200412104301

マリーナベイサンズ付近にある“シンガポールフライヤー”が見えてきました。
残念ながら現在、営業休止中でした。

 

Img_0004_20200412104301

“マリーナベイサンズ”が見えてきました。

 

Img_0005_20200416234801

ホテル到着は11時30分頃、チェックインはまだ出来ないと思うが……
ひょっとしての確率にかけてチェックインカウンターへ行ってみるか?

 

 

Img_0006_20200416234801

やっぱりまだ部屋の掃除が終わってないのでWeiting
連絡のつく携帯電話番号やメールアドレスを知らせて欲しいと
フロントスタッフからの指示があった。

 

Img_0007_20200412104301

フロント前にあるベルカウンターで荷物を預けよう(右側はコンシェルジュサービス)

 

 

 

Img_0008

ブランチとして「ザ・ショップス」カナル階(B2)奥にあるフードコートへ

 

 

Img_0009_20200412104301

当たり障りのない“チャーハン&とんかつ(S$18.9)”と“ラクサ(S$8.8)”をオーダー

 

 

Img_0010_20200412104301

やっぱりシンガポール土産は『TWG』の紅茶は外せないないやろ!
忘れんうちに買おう、1箱に15包のティーパックは薄いペーパーではなく綿の布で丁寧に
手縫いされておりS$26で色んなフレーバーのマカロンと共に買って帰りたい。

 

 

Img_0011_20200412104301

そうこうしている内にメールが鳴りチェックイン出来るとの事で
ココ日本語対応デスクへ向かう事にしよう。

日本人スタッフが対応してくれ、ホテル内の説明を丁寧にしてくれた。

支払いはルームチャージ(S$634.40)とデポジット(S$200)クレジットカード払
部屋付けが無ければ勿論、S$200は返金してくれます。

 

 

Img_0012_20200412104301

以前、宿泊した時には無かった日本語のホテル説明書を頂いた。

 

 

Img_0013_20200412105101

これで滞在時は安心できますね?

 

 

Img_0014_20200412105101

今回はホテル直接の予約で最安値の部屋タイプ(デラックスルーム 低層階・窓ありビューなし)
予約時、エージェントスタッフをほのめかしたがほんまにタワー3の3階に入れられた(笑)

 

Img_0015_20200412105101

もっと詳しいホテル施設内の地図(表面)

 

 

Img_0016_20200412105101

もっと詳しいホテル施設内の地図(裏面)

 

 

Img_0017

タワー3の非常口案内

 

 

Img_0018_20200412105101

客室はこんな感じです。
そうそうこのホテル、ドアを開錠すると自動でカーテンが開く。
特に暑いシーズンには助かります。

 

 

Img_0019_20200412105101

ハウスキーパーの名作!
部屋に飾ってあった“タオルアート”の心遣いに気持ちも和みますね。

 

 

 

Img_0020_20200412105101

バスローブ、スリッパ、セイフティBOXも完備される。

 

 

 

Img_0021

ドライヤーはセイフティBOXの下に置いてあります。

 

 

 

Img_0022_20200412105101

ドリンク類がたっぷり入った曲者の冷蔵庫!?
センサーで管理されており動かしたらカウントされますがもし、間違って動かした場合、
チェックアウト時に申し出て下さい。

もし、逃げてもデポジットから差引きされますのでご注意を(笑)

 

 

Img_0023_20200412105101

ミスミス高いドリンクを飲む必要はない?
上段右側の空きスペース! ハウスキーパーのサービス?
コンビニで買ってきたドリンクを若干なら入れる事が出来そうです。

そう日本人スタッフ曰く、
『ミニ冷蔵庫もレンタル出来ますがこんな方法もありますよ』って教えてくれた。

 

 

Img_0024_20200412105701

今回の部屋タイプはシャワーのみでした。

 

 

Img_0025_20200412105701

いくら高級ホテルと言えどトイレはウォシュレットではない(泣)

 

 

Img_0026_20200412105701

エアコンのスイッチ類

 

 

Img_0027_20200412105701

室内ライトやカーテン類のコントローラー
USBも完備される。

 

 

Img_0028_20200412105701

猫の額ほどのバルコニー(笑)

 

 

Img_0029

無料のミネラルウォーター。

 

 

Img_0030_20200412105701

手を付けてはならないスナック類(笑)
これも動かすとカウントされますので要注意!

 

 

Img_0031_20200412105701

無料のコーヒーやTWG紅茶(速攻、カバンに入れお土産に!)が置かれていた。

 

 

Img_0032_20200412105701

そしたら57階屋上の“INFINTY POOL”へ行きますか……

タワー3ではまず34階までエレベーターで昇り、乗り換えて57階へ

 

 

Img_0033

迷っても安心 ちゃんと乗換方法を記載してくれている。

 

 

 

Img_0034

こちらにも掲示板があります。

 

 

Img_0035_20200412110001

いよいよ“INFINITY POOL”への関所に到着(笑)

ここへは部屋にあるガウン着用、スリッパ利用でもOKです。

 

 

Img_0036_20200416235001

係員がいるので強硬突破は無理です!
右側のセンサーにルームキーカードをタッチして入場となります。
各自1枚ずつ必要ですのでご注意を!

 

 

Img_0037_20200416235001

プールの水はこのシーズンは冷たく感じるんでこのジャグジーは助かります。

 

 

Img_0038

おっさん意気ってプールの水を溢れさせてます(笑)

 

 

Img_0039

絶景やな アーバンリゾートの真骨頂!

毎夜開催される“SPECTRA 光と水のシンフォニー”の装置が見える。

 

 

Img_0041

本格的ですね。

 

 

Img_0040

マーライオンも見下ろせます。

 

 

Img_0042_20200412110001

エスプラネード地区には高層ビルが乱立していますね。

 

 

Img_0043_20200416235001

続いて“スカイパーク”へ行って見ましょう。

 

 

Img_0044_20200412110301

生タイガービール 3杯でS$30、シンガポールスリング 2杯でS$25

一人ではこんだけ飲めんな?

※同行者が支払ったんで単発でいくらやったんか分かりませんでした(謝)

 

 

Img_0045

スカイパークからINFINITY POOLを望む。

時にネットで言われている「マリーナベイサンズは年々、少しずつ傾いてきている」って 汗
あ~ 怖い怖い…… そんな事はないやろ?

 

 

Img_0046

マリーナ地区のデラックスクラスのホテル群が見える。

 

 

Img_0047_20200412110301

こう言う説明書きはありがたいね。

 

 

Img_0048_20200412110301

シンガポールフライヤーや毎年9月後半に開催されるF1シンガポールグランプリの
スタンドや市街地コースが見える。

 

 

 

Img_0050

フラットなマリーナベイゴルフコースが見える。

 

 

Img_0051

“ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ”の全貌です。

 

 

 

 

 

Img_0053_20200412110701

ここのメインモニュメント“スーパーツリーグローブ”
夜間、時には不気味にライトアップされます。

 

 

Img_0054

宿泊しない方が“スカイパーク展望台”へ行くには……

 

 

Img_0055_20200412110701

ここから入ってエスカレーターで地下に降りて下さい。

 

 

Img_0056

ここはタワー3の1階ですが、くるっと回ってエスカレーターで地下1階に
入場券売り場が有り、専用エレベーターで57階へ向って下さい。

入場料は大人S$23、シニアS$20、2~12歳がS$17です。

 

 

Img_0057_20200416235401

少し1階フロアを歩いて見ました。

 

Img_0058_20200412110701

夜間はこんな感じです。

 

 

 

Img_0060

“ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ”へはここからエレベーターで向かいます。

 

 

 

Img_0061

この上に渡り廊下が見えます。

 

 

Img_0062_20200412110701

夜間のチェックイン・チェックアウトのカウンターです。
昼間の喧騒がまるで嘘のようですね?

 

 

Img_0063

ここはタワー3付近にあるVIP用のチェックイン・アウトカンターです。

 

 

 

Img_0064

タワー1付近にあるVIPカウンターです。

 

 

Img_0065_20200416235601

あちこちに日本語の案内があり便利です。

 

 

 

Img_0066_20200416235701

沢山のブランドショップやレストラン、カジノがある“ザ・ショップス”へのエスカレーター。

 

 

 

Img_0067

タワー2と3の間にあるので迷うことはありません。

 

 

Img_0068_20200412111201

エスカレーターを降りたところに先ず各種ツアーや貸切バスの乗り場があります。

 

 

Img_0069_20200416235801

時間帯によりオプショナルツアーなどに参加される宿泊客で溢れる事もある。

 

 

 

Img_0071

駐車場の様子 ここでツアーバスを乗降します。

 

 

Img_0072

4番、5番の間がホテルへの連絡扉。

 

 

Img_0073_20200416235801

ホテル側からエスカレータを降りたところ。
右のカウンターや後方に日本でもお馴染みのJTB、HIS、阪急交通社カウンターがある。

 

 

Img_0080_20200417000001

それでは夕食を食べにMRTベイフロント駅へ向かいましょう。

ザ・ショッパーズ内にセブンイレブン(B1階 7時から23時)、
ローカルスーパー(1階)、ドラッグストア(B2階)いずれも9時から23時オープン
小腹が減った場合、フードコート(B2階)有り 全店ではありませんが24時間営業

 

 

Img_0081

“ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ”にも地下でつがっており便利ですね。

 

 

Img_0082

MRTに乗車する方、何度も乗られる方はツーリストパスが便利です。
今回は3日券S$20+デポジットS$10を購入しました。

 

 

Img_0083

MRTの路線は7路線ありシンガポール内を網羅しています  便利ですね。

 

 

Img_0084_20200417000101

改札でカードをタッチ MRTはこんな感じです  綺麗でした!

 

 

Img_0085

MRTフォートカニング駅で下車、クラークキーへ向かう。

 

 

Img_0086

夕食はシンガポールと言えばチリクラブ! 🤤

18時に予約した『小紅楼(Red House)』へ向かいました。
消費者の立場になってVELTRAで手配、1人S$50です。

 

 

Img_0087

隣席のチリクラブを盗撮(笑)
これは辛くなりクリームソースでグループで統一しないといけないのが思案六法?
辛いもの、マイルドなものどっちも食べたしなぁ……

 

 

 

Img_0088

セットメニューは
・むきエビのクリスピーシリアル仕立て
・魚のフィレわさび風味
・ブロッコリーのガーリック炒め
・チリクラブ(2人で1匹≒約600g)
・揚げパン
・海鮮炒飯
・マンゴとポメロの冷製デザート

 

 

Img_0089

ほんまこれが美味いやわ~
揚げパンは勿論、もし、白飯にかけてもエエかもねェ~

 

 

Img_0090

残骸(笑)
手袋&ナプキン 余分に持ってきて正解(笑)

 

 

Img_0091

満腹やし、ちょいと川まで歩こう。

リバーサイドポイントにある“シンガポールリバークルーズ”の乗り場が見える。
その後ろには『珍賓海鮮楼(ジャンボシーフード)』があり『レッドハウス』と
サンズの対岸にある元祖チリクラブのお店『パームビーチ』のいずれかで食べるか迷った。

 

 

Img_0092_20200417000201

“シンガポールリバークルーズ”いろいろ
大人S$25/小人S$15
営業時間は9時から23時(最終乗船は22時30分)
コースはクラークキーから出発してシンガポール川を下り、マリーナベイを周回し、
戻ってくる約40分の乗船です。
デイクルーズも良いですがお勧めはナイトクルーズ(特にマリーナベイサンズの
SPECTRA光と水のショーに合わせて乗船 日~木曜は20時・21時、金土曜は
20時・21時・22時からの開始なんでそれより少し前に逆算して下さいね)
また、レーザーショークルーズと言うベストポジションに停泊して船上からショーを
見るというオプションもあります 料金は大人S$38/小人S$22 予約は不可で
18時からクラークキーのチケット売り場のみの販売となります、
出航は19時30分と20時30分の1日2回です。乗船時間は約1時間です。
トイレは必ず済ませて乗船しましょう! ビールの飲み過ぎに注意(笑)

 

 

Img_0093

徐々に陽が暮れてきました。 トライショー(人力車)のオヤジも暇そう?

マリーナベイサンズが見えて来ましたが遠~い(汗)

 

 

Img_0094

クラークキーから腹ごなしで歩きました(汗)
20時からの“SPECTRA 光と水のシンフォニー”を見る為にマリーナベイサンズに戻った頃には
すっかり暗闇に……

会場前には既に大勢の見学者たちがベストポジションを確保していた。

しかし、大阪の厚かましいオヤジは少しの隙間にグイグイと2名分のスペースを確保(笑)

 

 

 

*MBS Spectra 30sec 100817

自撮り分は後日You Tubeでアップします。

先ずはマリーナベイサンズ公式サイトをご参考にされて下さい。

※ショーの感想 無料でこれだけのものが見れればGood!

 

 

 

Img_0100

巨大なツリー"スーパーツリー・グローブ"は夜間のイルミネーションが綺麗です、
光と音のショー"OCBCガーデン・ラプソディ"は毎夜19:45と20:45(各約10分間)開催される。

今回はマリーナベイサンズ屋上から見学しました。

 

Img_0103_20200412112301

その後、2回目のインフイニテイプールへご入浴(笑)

 

Img_0102

さすがに57階、夜間になると乳首が立つ程、肌寒い(笑)
程々にしてオッサンはジャグジーへ移動。

 

 

Img_0104

何故か勝率の良いサンズのカジノへ!
今宵は如何に……?

 

Img_0105

S$50突っ込んでS$1072.45ゲット
22:15頃に入って22:42に瞬殺・勝ち逃げ(笑)

差引き84,000円やったんで飯代、飲み代が出た!
ラッキー さあ寝ますか!

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

自分の出張はLCCで(笑)

タイ・エアアジアで出発

Img_2255

バンコク経由となります。

 

Img_2256

搭乗開始です。

 

Img_2258

結構、搭乗者が多かった。

 

 

Img_2257

座席のピッチは私でも十分に座れます(笑)

 

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

今回はTRFホテルに泊まりました

Img_2061

ありゃりゃ いつの間にホテル名が変わったんかな?(2018年8月に撮影した写真です)

 

 

Img_2062

現在は「TRT HOTEL」に! ホテル名を変えるなんて何があったんでしょうかね?

 

 

Img_3504

1人?やのにベッド2台もいらんけどな(笑)

 

 

Img_3505

西面のロッテホテルにも近いし、よく利用するホテルです。

 

 

Img_3506

大型テレビもあるし十分です。

 

 

Img_3507

携帯用充電コードもアンドロイド用、iphone用とあるのが有難いですね。

 

 

Img_3508

何故か洗面も2台?

 

 

Img_3509

入らなかったがバスタブもある 私が入ったらオーバーフローしそうで床を拭かないとアカン(汗)

 

 

Img_3510

トイレはウォシュレット ありがたい。

 

 

Img_3511

トイレの前にはシャワーがある 上手に浴びないとトイレ前までビチャビチャになる だからヘップが完備されているんですね。

 

Img_3512

コンプのミネラルボトルは2本。

 

 

Img_3513

ワードローブはなく入口に簡単な洋服掛けとチェア&デスクがある まあ、これで十分でしょ
そうそうこのホテルは入口で靴を脱ぐスタイル 床は勿論オンドル あッちッち~

 

 

Img_3514_20200324111901

朝食付のメニューは数種類のパンチャンとお粥、ごはん、食パンなどがある。
食は進まん内容で毎朝、代わり映えせんな。


一応ブッフェスタイルだが食後はセルフで残飯処理しなくてはならない 
厨房の中にいるアジョシが目を光らせる(汗)

今朝も中国人観光客がこっ酷く怒られていました 
そりゃ食べれもせんのに山盛り取って残すからな×!

 

 

| | コメント (0)

第3日目 E-1サッカー選手権2019決勝大会を釜山へ見に行った

畜生 重苦しい朝を迎えた(泣)

Img_2131

テレビつけると朝から気分悪いな・・・・・
確かに日本代表はまとまりもなく脅威を感じさせる要素はなかった(怒)
韓国は強さは無かったがいつもの日本戦に懸ける気持ち、負けれない恨の精神力が勝ったんやろな!

Jリーグに出ているガンバのキム・ヨンゴンや元神戸のキム・スンギュなど強者揃いやったし、チーム引っ張っていた感じ。

残念やったんは元セレッソ大阪で現コンサドーレ札幌のク・ソンユンが出場できなかった事 まあ、これからもあるしな? 今や兄貴分?のキム・ジンヒョンは国家代表を引退して2nd、3rdのGKに成長したのが嬉しい 昔を知っているだけに・・・

悔しいけどおめでとう!!!

 

Img_2142_20200324111501

今日も日本語ガイド金かあちゃんとロッテホテルで待合せしてランチへ
例のウォンを両替してもらう事も大事な任務だった(笑)

ホテルロビーにはクリスマスツリー! もうこんなシーズンなんやなぁ

 

 

Img_2145

今日は西面にあるタッカルビの有名チェーン店「ユガネ」へ

 

 

Img_2146_20200324111501

メニューは読めん(汗) 

 

 

Img_2149

60代のおっさんと50代のアジュマ それにしてもよく食べたなぁ(笑)
タッカルビ、ポックンパ、焼うどん&チジミ!
野菜が無ければ炭水化物のオンパレードやね(笑)

 

 

Img_2152

無理やりサラダとキムチを食べさされた 味噌汁はビールとマッコリのせいで少しだけ飲んだ。

 

 

Img_2157

復路のみ事前にエクストラ払って受託手荷物にした 金かあちゃんから出発前に「自家製キムチをあげるから」って事前連絡がありましたから(汗)

 

 

Img_2159

韓国の空港では特に受託手荷物が問題なく流れたかどうかを確認する為にこの当りに5分程待機が必要だ。

 

 

Img_2161

何人か日頃スタジアムで見かけるサポーター達を見かけたが何故か全員が無言? 仕方ないんでPriority Passでラウンジに入りビールを飲んで暇つぶしした。若干のDelayだったが離陸と同時に爆睡(笑)

 

 

Img_2166

帰国後、とりあえず なんば駅の南海そば・・・・・

まあ久々にプライベートで気ままな旅を楽しめたかな?
ごっそりと両替も出来たし 良し良し

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

第2日目 E-1サッカー選手権2019決勝大会を釜山へ見に行った

前夜のなでしこ優勝を見ていよいよサムライブルーの番やで!

古くからの知人、釜山在住の日本語ガイド金かあちゃんと約束してランチへ。

 

Img_2077

ロッテホテル東側を南下した西面エリアにある「マダンセ ソグムグイ(마당쇠 왕소금구이)」 メインメニューは“ねぎ3枚バラ” をオーダー、店員さんがアルミホイルの上でねぎと豚バラ肉を炒めてくれます。 参考ですが“マダンセ”って昔、両班(特権身分階級≒金持ち)の家に住込みで働いていた男性の名前との事です。

ドリンクは真露のビール“テラ(TERRA)”と焼酎は“デソン”

 

 

Img_2078

〆は乾麺ラーメンと焼き飯のバブル炭水化物(笑)

 

 

Img_2079

店内に書いてあったメニュー
左側は上から メニュー 基本注文3人前より(追加は1人前も可能)済州5枚バラW10,000、韓豚(ハンドン)生3枚バラW9,500、韓豚(ハンドン)生テジモクサルW9,500、チャドルバギW11,000、鉄板ネギ焼きW8,000、マダンセ皮W6,000、お昼サービス ねぎ焼き定食1人前W7,500(鉄板ネギ3枚バラ+鉄板焼き飯) 

右側は上から食事 味噌チゲW4,000、ラーメンの替え玉W1,000、ご飯W1,000、焼き飯(ネギ焼きご注文の方)W2,000、鉄板焼き飯(2~3人前)W10,000、チーズ追加W2,000、ビビン冷麺W5,500、水冷麺W5,000 飲物 焼酎W4,000、清河W5,000、ビールW4,000、ソフトドリンクW2,000、マッコリW4,000

 

Img_2080

お店の入口 派手・派手にメニューが書かれている(笑)
韓国地元客にとっては大好きな料理とは思いますが……

豚肉&ネギ 私にとってはやはり罰ゲームかな? 汗

 

 

Img_2096

昼めし食ってロッテホテルロビーを通ってTRFホテルへ帰る途中、人だかりが……
韓国代表の追っかけ達やな?このデカイ野郎は中国・北京国安所属のDF「金敏在(キムミンジェ)」、蔚山現代FC所属のMF「金寅成(キムインソン)」 韓国代表をはじめ香港代表もロッテホテルに宿泊していたようだ。

 

Img_2100

今晩は「釜山アシアド競技場」での開催  地下鉄3号線“総合運動場(ジョンハプウンドンジャン)駅”下車、そこらに応援グッズ(赤く光る悪魔の耳付きのカチューシャ、タオルマフラー、背番号入りのポンチョ型フリースなど)が売られていた。

 

 

Img_2109

釜山アジアド競技場に到着  チケット代はW20,000からW90,000(大韓サッカー協会のお土産付)、私はW30,000のチケットを購入しました。

 

Img_2113

段々と国際試合の雰囲気が……   冬季、韓国サッカー観戦の定番“辛ラーメン&ビール”

 

 

Img_2114

釜山アシアド競技場全景

 

 

Img_3733

前座試合的な1試合目は中国代表vs香港代表  面白い事に両チームともいつもの“義勇軍進行曲”! 香港代表は自分達の番になると背中を向けていた 政治色露わに見た感じや。

 

 

Img_3735

さあ日韓戦やぞ! 我々アウェイゴール裏にも沢山の韓国サポーターのブルグンアンマ(赤い悪魔)が徐々に増えてくる。日本や世界じゃ考えられんけどなぁ?

あぁ、韓国代表GKは我がセレッソ大阪の守護神“キムジンヒョン”に変わり元セレッソ大阪で現コンサドーレ札幌の“クソンユン”です。  複雑やわ~

 

 

Img_3740

おッ フジテレビの解説ゲストは琉球の小野伸二ですやん!  サムライブルー登場! ウルトラニッポンのコールを受けて頑張ってくれ

森保監督、頼みまっせ!

 

Img_3758

日本語による注意事項の掲示とアルファベットによる先発メンバー

 

 

Img_3788

日韓戦、韓日戦は特別なものがある 両チーム 負けれない戦いがココにある!

 

 

 

Img_3797

前半28分、カナダのバンクーバーホワイトキャップス所属のMF「黄仁範(ファンインボム)」に先制点を許してしまう(泣) 伏兵にやられた感じ!

わざわざ日本サポーター前にて喜びを爆発させる 何でやねん(怒)

 

 

 

Img_3801

お互い決め手を欠く戦い? スッキリとせんな(汗)

 

 

Img_3803

さあ、後半逆転するぞ! そんな雰囲気は感じられない(怒)  韓国チーム 先程、ロッテホテルで見た2人(右端とデカイ奴)、GKは元ヴィッセルのキムスンギュ、#19はガンバのキムヨンゴン

 

 

 

Img_3809

昨夜に続き、またまた水増し? 29,252人も入ってるかな?

 

 

Img_3840

エエとこ無しで敗戦。

 

 

Img_3844

日本代表の動きは最後までチグハグ! 大島くんも不発(泣)

 

 

Img_3845

まあ驚いた 韓国代表が優勝したのにみんなソソクサと帰宅の途に?

 

 

Img_3846

西面に戻りロッテホテル裏の屋台で残念会?  屋台(ポジャマチャ)によりライトからヘビー級のボッタくりもあるんでご注意を!

ちなみにこのオバチャンは缶ビールを近くのコンビニで買いこんで来て可愛く少しボッタしてました(笑)

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

第1日目 E-1サッカー選手権2019決勝大会を釜山へ見に行った

今年は日本から一番近い海外“釜山”で国際試合が開催されると言う事で急遽、飛ぶ事になった!

 

Img_2152_20200324145601

エアープサンの午前便 今日はお客さんと同行じゃないプライベートな旅です。
滅多に使えないPriority Passの“ぼてじゅう”でモーニングサービスで腹ごしらえしよう!

 

Img_2153

MAX3,200円迄、飲食OKです。
ここで人間の欲深さが見えますな(汗)

 

 

Img_2154

11時00分 エアープサンBX123で釜山へ

 

 

Img_2155

釜山到着 思った程、寒くはなかった。
Tカード(W4,000)を購入し、「釜山金海軽電鉄」“空港(コンハン)駅”から“沙上(ササン)駅”で乗換え、地下鉄2号線で“西面(ソミョン)駅”へ向かう。

今回、宿泊する「TRFホテル」にチェックイン
ロッテデパ地下でジャジャ麺食べてさあスタジアムへ

 

Img_3514

今晩の試合は「九徳競技場」で行われる。
“西面駅”から地下鉄1号線にて“東大新(トンデシン)駅”下車、徒歩約300mで到着

 

 

Img_3520

台湾代表監督が日本で選手として監督としても活躍した越智和男(右上)
一方、中国代表の監督はセレッソサポの私としては憎きガンバ大阪、中国代表としても活躍した賈 秀全(カシュウゼン)左下


早めに到着してた我々日本サポーターはどちらを応援したかって・・・ 勿論、台湾です!

「加油台湾(チャヨータイワン)」の応援が耳に残った・・・

 

 

Img_3521

一応、日本出発前に韓国のチケット予約サイト「Interpark」で座席は確保した。
バックスタンド一律で20,000ウォン(約2,000円程度)で中国女子代表vs台湾女子代表も合わせて2試合観戦できた。

 

Img_3530

前座試合的な1試合目は残念ながら中国代表が格下の台湾代表に辛くも勝利。

さあ、いよいよ勝った方が優勝の2試合目が待ち遠しい。

 

 

Img_3531

メインもバックもガラガラのスタンド(泣)

 

 

Img_3543

いよいよ選手達の入場 今日はフジテレビが生放送 気合はいってるなぁ?

生中継のリハ中? 進行のジョンカビラとゲスト解説の澤 穂希さん  
先ずはGK3人のウォーミングアップ
フィールドプレイヤー達がバックスタンドに挨拶に来る 
我がセレッソ大阪の堺レディース所属 ボランチの林 穂之香ちゃんも
メンバー入り 出るかな? 頑張れ!




Img_3569

メンバー表です。

 

Img_3582

さあ行こう! 韓国をギャフンと言わしてくれ!

 

Img_3583

いざ試合が進むがゲームは一進一退 エッ 4,218人? 
絶対にこんなに入っていない(怒)

嘘の情報はお得意さん? そんなんいらんぞ!

 

Img_3585

洗濯物? 韓国風の応援か? 遠くから見たら沢山いてるように見えるから?

気温も段々寒くなるし、応援はもっと寒そうやな?

 

Img_3586

彼らは私服刑事のようだ。
日本サポーターが旭日旗でも振るんではないかと張り込みしているのかな?

前方の黄色のロープは一応、緩衝エリア分けみたい?

 

Img_3596

なでしこサポーター達は正々堂々と応援し、見る限り韓国サポーターよりも団結力があった。

と言うか女子は日本の方が格上えやからね・・・・・

 

Img_3632

しかし、ここはアウェイ 後半終了間際に相手DFのハンドで得たPKを
#10 椛木が決め決勝ゴールとなった。

いや~ 危ない・危ない

 

Img_3662

いつ見ても気持のエエ光景ですな?

 

Img_3665

試合終了の両チームのあいさつ 今日は何とかフェアプレイで終えれたようだ。

 

Img_3676

高倉監督(中央)も一安心か?   選手みんなと勝利を分かち合う。

キャプテン#7 中島、#5 南 がバックスタンドに挨拶に来た。

 

Img_3692

 

 

Img_3698_20200324105601

応援お疲れ様でした 今日はフジテレビ生中継でした 俺、ぬかれてないやろうな?(汗)

 

Img_3725

試合後、なでしこのコールリーダー達と勝利を分かち合う。

 

 

Img_3731

打上げは西面ロッテホテル裏にあるチキン屋さんで“チメク”!
すなわちチキン&メッチュ(ビール)の流行り言葉ですね。

程々にして今日は疲れたし、エエ夢見て早めに寝るか!

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

セブ島社員旅行ご案内 4日目 あっと言う間の滞在でした!

Img_1424

皆様6時前にはチェックアウトを済ませ、朝食はレストランオープンの6時と同時に食べてもらい、6時45分過ぎにはホテル出発と言う流れです -写真右上に写っているのがATTICの担当ガイドMIKIさんです-

 

 

Img_1429

連日、夜明け頃に雨が降っているようでした。

 

 

Img_3084_20200424150801

空港へ行く途中、外を見るとまだまだ発展途上の所もあるようですね?

 

 

Img_3085_20200424150801

空港に近づくと朝ということで少し混雑してきました。

 

 

Img_3104

7時30分頃 マクタン・セブ国際空港2階に到着 9時15分発なんで時間に余裕を持って2時間前には到着したいんですがそんなに混雑する事もないので問題はないですかね? 私はいつも集合時間を前倒しでサバを呼ぶ事にしていますが……

 

 

Img_3105

空港ターミナル内に入る為にはeチケットが必要ですのでパスポートと共に事前にご準備して下さい、もし、紛失などの場合、彼らみたいに手前のブースでその旨を申し付けると再発行してくれます。右下はターミナル内から撮影した様子です(右側に少し小窓が見えますよね)

尚、MIKIさんのようなツアーガイドはターミナル内には入れません、空港内に入れるガイドさんにバトンタッチする感じです。

 

 

Img_3108

東南アジアの空港でよく見かけるスーツケースぐるぐる巻き機?(笑)

 

 

Img_3109

マクタン・セブ国際空港の国際線チェックインカウンターはA~Dに分かれています Aカウンターですんなりチェックイン終了しました。

 

 

Img_3118

赤シャツはATTICの空港ガイドさんでチェックイン後、ギターは壊れ物・貴重品扱いなんで別送となりますので空港職員と共にフォローしてくれます。

 

 

Img_3119

駐車場からはウォーターフロントカジノホテル・マクタンが見えます。

 

 

Img_3122

以前は空港税お1人当りP750を空港内で支払いするという面倒な手続きでしたが最近は航空券発券時に同時に請求されるので簡単ですね 一応、出国手続前の入口で搭乗手続時に貰った左上写真のチケットを係員に渡すだけでOKです。

 

 

Img_3123

空港内は以前と違い免税店も充実しています。

 

 

Img_3124

空港内の案内板 喫煙室も有りますので愛煙家も安心です。

 

 

Img_3132

簡単なうどん屋さんとスナックバー的な飲食スペースも有るが今一期待薄ですかね?

 

 

Img_3140

各航空会社関係等のラウンジへは先ずエレベーターで下に降ります。先ずはフィリピン航空のラウンジで軽く飲食してみました。

 

 

Img_3142

続いてPriority Passで入れる“Plaza Premium Lounge” 飲食物はこちらの方が若干エエかな?

 

 

Img_3144

朝早くの搭乗はキツイなぁ 皆さん辛そう(汗)

 

 

Img_3146

セブ9時15分発 フィリピン航空410便で帰阪します。

 

 

Img_3167

機内に入り、機内食を食べてビール飲んで皆さん 爆睡(笑)

 

 

Img_3173_20200516154901

無事、関西空港に到着しました -皆様、お疲れ様でした-  結構、ギター買ったお客さん多かったですね 壊れないように頑丈に梱包してくれます、日本で買うよりは安いのでセブに行かれた際は是非、お買い求め下さいね。

 

 

Img_3177

今日の私の仕上げは南海なんば駅の“南海そば”でした。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

セブ島社員旅行ご案内 3日目 ジンベイザメツアーに行ってきました!

今日は“ジンベイザメ”と泳ぐオプショナルツアーに15名で参加する為、早朝4時30分ホテル出発です ちょっとビビってます添乗員さん どうも動物相手は苦手なもんで……

 

Gopr1223

事前に朝食BOXをホテルに依頼しました。

 

 

Gopr1224

こちらはオプショナルツアーをお願いした「エメラルドグリーンダイビングセンター(EMERALD GREEN DIVING CENTER)」が準備してくれた朝食BOXです もったいないんで両方食べました 満腹(汗)

 

 

Gopr1226

夜が明けて途中、ガソリンスタンドで休憩 今回は我々15名だけなんで専用ハイエース2台で出発、が…… まだまだ走ります! ホテルからオスロブ付近まで約4時間10分/約142kmとググったら教えてくれました(汗)

 

 

Gopr1230

8時30分過ぎに「エメラルドグリーンダイビングセンター」に到着 全員で誓約書を記入し、スタッフの注意事項を聞き、シュノーケルマスク、ライフジャッケット、フィンのサイズ合わせをしました 私はみんなの水中の姿を撮ろうと思い“GoPro”をP1,000でレンタルした。

 

 

Gopr1231

早まる気持ちを抑えつつ、ジンベイザメとの対面時の注意事項を聞いた。

 

 

Gopr1237

さあ、バンカーボートでポイントに向けて出発だ!

 

 

Gopr1238

皆さん、ボートから順に海へダイブ いよいよです!

 

 

Gopr1239

皆さん、シュノーケルをくわえていますが騒がしくなってきました ついにお出ましです“ジンベイ君”

 

 

Gopr1240

私もビビリながら撮ってもらいました!

 

 

Gopr1241

まじかで見るとデカイ! 全長は約20m、体重は最大約35トン位あるらしい ここに来るジンベイ君は人懐っこく、温厚な性格らしいですが、ほんまに大丈夫? 吸い込まれたりせんやろうな? ビビリまくる(汗)

 

 

Gopr1288

スタッフが上手におびき寄せ“ジンベイ君”が登場! 完全に餌付けされているようです? 日本人スタッフに聞くところによると年に数日は出て来ない(遭遇率99%?)日があるようです。今日は6~11月が雨季の関係上、海の透明度が今一つで見えるには見えましたが残念な結果(泣)

 

 

Gopr1380

皆さん 興奮冷めやらず “ジンベイ君”の話題で持ち切りです(笑) バスタオル(貸出付)で身体を拭いてスタッフ達がホットドリンクでもてなしてくれます ちなみに船上は喫煙OK、携帯電話は持参しても問題ないらしいですが防水カバー等に入れておくのがお勧めです。

 

 

Gopr1387

少し離れたスミロン島付近までボートを進め、皆さんシュノーケリングでお楽しみ頂きました。おっとディズニーアニメ「ファインディング・ニモ」に出てくる“ニモ(クラウン・アネモネフィッシュ)”も泳いでました。

 

Gopr1476

残念ながら天気悪く少し肌寒い中、皆さん頑張りました!

 

 

Gopr1487

名残惜しいですが戻りましょうか。

 

 

Gopr1493

こんなバンカーボートで往復します。

 

 

Gopr1518

下船しましょう さあ、ランチです!

 

 

Gopr1521

ビーチサイドで食べるランチ 俺には絶対足らん(笑) 右側のソフトドリンクは1本付ですが追加のビールは1本P70でした。

 

 

Gopr1522

左上写真は敷地内の様子 右上はメインの建物で後方には更衣室兼シャワールームがあります。左下のメインの建物内で手荷物や貴重品を預かってくれます。右下は喫煙スペースです。

 

 

Img_3039

今回は参加人数により貸切送迎になったんで12時過ぎ早めに現地を出発しました。

 

 

Img_3051

皆さん、早朝の出発だったんで帰りは車内で爆睡でした(汗) 第3の橋が建設中でセブ本島とコルトバ地区を結ぶ予定でまだまだ工事は続くらしい。

 

 

Img_3065

セブ本島と空港のあるマクタン島は2つの橋で結ばれているが時間帯によると強烈に混み合う、何とかならんのかな? 早く第3の橋の完成が待たれる。

 

 

Img_3071

鉄格子の -なんちゃってコンビニ?-  “サリサリストア” 小分けのお菓子類を売るフィリピン独特のスタイルがポピュラーだ!

 

 

Img_3080

ジンベイザメと泳いでオスロブから1回休憩で16時40分頃にホテル到着

夕食は社長と相談し、焼肉が食べたいとの事で“マガル”を予約しました。場所はホテルから徒歩圏内でSAVE MOREというスーパーの向かい、マクドナルドの2階にあります。

 

Img_3084

“マガルコリアンバーベキュー(MAGAL KOREAN BBQ)”は韓国をはじめ米国や東南アジアに約500店舗以上を展開している韓国料理店です。

 

 

Img_3085

日本で食べる韓国料理とほぼ同じで美味しく頂きました 炭火焼は良いが焼肉の色は食欲がわきませんね(汗)

 

 

Img_3086

何かマッコリ&ピルセンと辛ラーメン スゲェ~組合せでした(笑)
残念ながらお店ではクレジットカード利用できませんでした 残念!

 

 

Img_3093

夕食後、ブラブラとホテルまで歩いて帰り、途中、ホテル近くにある“サブマリン・ギフトショップ(Submarine Gift Shop)”に立ち寄り皆さんお土産物を購入されました。

 

 

Img_3096

あっという間のラストナイト 後1日欲しいですね? 酔って歩いて暗闇には注意 所々、溝が剥き出しになっており何度か落ちかけた(汗)

今宵もホテルで飲みますか? 明日は5時にモーニングコールしますよ(笑)

 

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

セブ島社員旅行ご案内 2日目 フリータイムを楽しみました!

今日は終日フリータイム

Img_1063

自室からセブ島セブシティの高層ビルが見えます、下はエレベーターホールから海を眺めたら漁船が数隻停泊していました。

 

 

Img_1068-2

朝食前にホテル周辺を歩いて見ました 夜中に結構強く雨が降ったようです。

 

 

Img_1069

ホテル前には小さなショッピングセンターがありました。

 

 

Img_1073

ホテル内をはじめレストランなども禁煙です。よってこんな喫煙スペースがあります。

 

 

Img_1075

両替所も数軒ありました。

 

 

Img_1078

まだまだインフラ整備が遅れています 雨で道路は水浸しです、車もバイクも人も平気で動いています(汗)

 

 

Img_1079

ホテル前にはローカル色豊かなお店が並びます、お馴染みのセブンイレブン、セブのローカルベーカリー“ジュリーズベイクショップ(Julie's Bakeshop)”もありました。

 

 

Img_1080

やはり韓国人相手の両替所やマッサージ店も多数ある 右はフィリピンハンバーガー界の老舗(笑)“エンジェルズバーガー(Angel's Burger)” 黄色の鉄格子が特徴だ!

 

 

Img_2880

お客様達と朝食です。メニューは洋食、韓国料理、和食をはじめイタリアンと豊富でした。

 

 

Img_2896

例年通り、社長をはじめ古参社員さん達とビーチパーティ(笑) 今年もバースタッフ達と仲良しになる位、大盤振る舞い? 夕方まで楽しく寛ぎました!

 

 

Img_2901

私はまるでプール監視員? 泥酔者はプール禁止 勿論、スラーダーも!

 

 

Img_2982

夕食前にフイリピンならではの早いクリスマスデコレーションを背景に全員で記念写真

 

 

Img_3021_20200424145501

夕食は貸切バス2台でマクタン島での定番レストラン“マリバゴグリル(Maribago Grill)”でお楽しみ頂きました。30名前後のグループならエアコン付きの個室がありますが今回は52名なんで2階のオープンエアでの食事となりました、大型扇風機が稼働していますが暑かった(汗)

 

 

Photogrid_1575067565525

メニューはこんな感じです 日本人にも十分、口に合う内容です。2階でのグループ利用の場合、サンミゲルなどのアルコールはまとめて事前に大量に冷やして準備してもらいます いちいちオーダーしていたら中々持って来てくれませんので……

食事を終えて貸切バスで来てるにも関わらず“憎み切れないならず者達”が何かとうるさく営業をかけてくる(笑)  ホテルへ一度戻り、社長達数名はバーで飲み直し、数名のチャレンジャーはアシスタントと共にセブシティへの探検へと消えました(笑)

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

セブ島での宿泊は「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」

マクタン島にあるウォーターパークが楽しいリゾートホテル!

Img_0950

今回宿泊したのは“Jパーク・アイランドリゾート&ウォーターパーク(JPark Island Resort & Waterpark)” 全557室の大型リゾートホテルです。 -左手にカジノが見えます-

 

 

Img_0951_20200424143401

客室のウイングは東側からA~Fの6区分に分かれている。

 

 

Img_0953

こちらはD~F区分です。

 

 

Img_0956_20200424143301

ウォーターパークと言うだけあって色んなスタイルのプールアミューズメントがあり老若男女楽しめます。

 

 

Img_0957_20200424143301

ホテル前の海を眺める 猫の額程の小さなビーチがあるが泳ぐには適さない。

 

 

Img_0958

A・B棟用のエレベーターで高さは11階建です。

 

 

Img_0959

取り敢えず私の利用した部屋でカテゴリーはデラックスツインです。

 

 

Img_0960

オーシャンビューとセブシテイビュー(マウンテンビュー的)に部屋の向きは分かれる。

 

 

Img_0961

まあ無難なツインルーム

 

 

Img_0962_20200424143301

バスローブ、スリッパ、室内金庫、冷蔵庫(有料の飲物入)…… 一通り揃っています。

 

 

Img_0963

バスルーム バスタブ&可動式シャワーはありがたい、アミニティも揃い、110Vコンセントも完備。残念なのはウォシュレットではないトイレ(泣)

 

 

Img_0964

室内のスイッチ関係 220V、110Vのコンセントがある。

 

続いてお客さんのお部屋見学!

Img_0965_20200424143701

こちらはD~F棟用の非常口案内図。

 

2ベッドルームの“セブスイート”の様子です。

Img_0966

バスルームは2ヶ所ある。

 

 

Img_0967

メインベッドルームはキングサイズ、セカンドはツインベッド(ごめんなさい、寝込みを襲いました 笑)、2つのベッドルームの間にリビングルームがあるし、セカンドにもバスルームがあります。

 

 

Img_0968

キッチンや電子レンジ、冷蔵庫も勿論完備される。お客さん ポーズをとってカウンターで寛ぐ。

 

 

Img_1009_20200424143701

ホテル正面玄関前にはカジノもオープンしている、2階建てだがプレイ台、スロットマシンも数は少ないし、勝てる気がしなさそう? でも私、5分程でP5,000程度お持ち帰りで勝ち逃げ(笑)

 

 

Img_1011

ホテルへのアプローチゲートは厳重に警備されているが……
1歩表に出ると「シャチョー」「タクシー」「マッサー」「オンナ」「アンニョハセヨ」etc. “憎み切れないならず者達”が毎回声を掛けてくる(笑)

 

 

Img_1012

ホテル敷地内にはヴィラも点在しており移動はカートで送迎してくれる。

 

 

Img_1013_20200424143701

ここマクタン島のホテルからセブ本島の大型ショッピングセンター(SMやアヤラ)への無料シャトルバスもある。

 

Img_1014_20200424144001

ツアーデスク ここもさすがに韓国色が濃いい!

 

 

Img_1016_20200424144001

以前は“Imperial Palace Water Park Resort & Spa”と言う韓国資本のホテルでした だから今もパクさんじゃないけど韓国からのお客さんが一番多いらしい?(笑)

 

 

Img_1017

本格的なスパ“CARA SPA” 10:00~23:00オープン

 

 

Img_1018

フィットネスクラブもあります。

 

 

Img_1019

ちょっとしたスーベニアショップ

 

 

Img_1020

朝食から夕食まで“The Abalone”でブッフェが楽しめる ここ以外に韓国料理、中華料理などのレストランも数軒あります。

 

 

Img_1021

“The Abalone”の様子 結構広いスペースです 韓国人のお客さんも多いですね。

 

 

Img_1022

食事時のランチョンマット的なホテルエリア案内です。

 

 

Img_1023

韓国で有名なアニメキャラクター“PORORO”メインの室内遊戯施設です。

 

 

Img_1024_20200424144001

プールなどに隣接してヴィラが点在する。

 

 

Img_1025

社長に準備させて頂いた“ジャグジーヴィラ” 広さは80㎡です。

 

 

Img_1027_20200424144401

いわゆる流れるプールです。

 

 

Img_1028_20200424144401

左上はレンタルコーナー その他は各種プール。

 

 

Img_1029

ウォータースライダーは特に人気のようです その他、子供も楽しめるアスレチック的なプールもあります。

 

 

Img_1030

“砂上の楼閣?” ホテルがこんな感じなら大変です(汗) 砂の城もホテルもしっかり建ってましたよ(笑) しかし、ご覧の通り、他のホテルにあるようなビーチはありません 雰囲気だけですかね(汗)

 

 

Img_1031_20200424144401

ミニゴルフコース 期待薄、子供ダマしです(笑)

 

 

Img_1089

ホテルアプローチゲートに入ったところにはセブに数店ある居酒屋“呑ん気”がある 日本食が恋しくなったらどうぞ。

 

 

Img_1411

ホテルに隣接するエリアを撮影しました 何かが出来るのかな? 

 

 

 

Img_2864

ディナータイムのみオープンの“Coral Seaside Restaurant” この奥のシーサイドには“Havana By The Sea”がありエンターテイメントショーが時間帯により楽しめる ドリンクメニューにはこんな場所なのに何と韓国焼酎もあった(笑)

 

 

Img_2865

このホテルは客室や施設内は完全禁煙です。プールなどがある敷地内にはこのようなスモーキングエリアが数ヶ所有ります。

| | コメント (0)

«セブ島社員旅行ご案内 1日目 全員揃ったのは深夜