« 気絶寸前やった! | トップページ | 複雑な気持ち »

2011年1月26日 (水)

よう見とるなぁ・・・

火曜の日韓戦で感じたこと・・・
前半、今野のプレゼントPK
キッカーの奇誠庸(キ・ソンヨン)選手がPKで
先制ゴールを挙げた後に、サルのものまねをし、
簡易ブログ「ツイッター」に日本人をやゆする目的と
示唆したため、韓国メディアから批判を受けている。
奇選手はゴールした後、テレビカメラなどの前で、
鼻の下を伸ばして顔をかく「サルまね」パフォーマンスをした。
同選手はツイッターに「観客席に(旧日本軍が使用していた)
旭日(きょくじつ)旗があったのを見て胸が痛んだ」
「選手である前に韓国国民だ」と書いた 引用:時事通信

俺もその光景 おもろい事をする奴やなぁ? 
って思い、見たのを記憶している・・・
Ajiacup1

あだ名がゴリラなんかなぁって思っていた
まあ、若気の至りと言う事にしとこか?
宿敵ながら中々エエ選手なんで
これからも自分の行動には責任を持って
周りの大人がちゃんとできるように
指導したらどうでしょうか? ネ?

でも色んな言動、画面見てる人達が
沢山おるんやって関心しましたわ・・・

その後、久々に素晴しい攻撃

本田→長友→(守備の穴 車ドォリをかわし)
→前田が同点弾!

いやぁ 前半は日本の攻撃が目立った

後半に入り、日本にもプレゼントPK!

見せてくれます 本田君!

後半交代で入った細貝に対してつぶやく!
“何で細貝やねッ” ボロクソにつぶやいていたが
PKのフォローゴールで立場逆転

“エエぞ、細貝ッ!”

逆転した後半の中盤から日本のスタイルは
いわゆる“侍カテナチオ”
(カテナチオとはイタリア国内で1950~60年代に
流行した守備的戦術のことで
イタリア語で「かんぬき」の意味
守備を重視した戦術が鍵を掛けたように
堅いところから名付けられた)

イタリア人監督ザックの思いきった戦術か?

5人のバックライン・・・ 守り抜く体制ですわ

不慣れなのか、徐々に韓国長身攻撃陣に押し込まれる
日本守備陣についにくるべき時が来た

ここ一番に弱い伝統的な日本代表のスタイル
誰もが諦めたやろ  “あぁ もうアカン”って

しかし、予想は大外れ!
日本代表 辛勝!

はしゃぐ日本代表とはうって変わって、
首をうなだれる選手 泣きじゃくる若手選手etc.

一瞬 “アジアの虎”が子猫のように思えた
ちょっとだけ日本が色んな試合進行で勝っており
経験があったから勝てたんやろう

それにしても韓国代表 エエ若手多すぎや!
逆襲が怖いわ~

自画自賛? 俺も自分自身、現役を退いているが
サッカー解説いけますね(笑)

セルジオ越後や松木安太郎には負けんでェ~

口の悪さと選手の小ネタ情報に関しては!

|

« 気絶寸前やった! | トップページ | 複雑な気持ち »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よう見とるなぁ・・・:

« 気絶寸前やった! | トップページ | 複雑な気持ち »