« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

別府温泉 添乗合体地獄めぐりの巻き 参

昨夜いつもの添乗時より少し早く寝たこともあって早い目に起床! 腹が減ったからかな(笑)😵🌀

6時45分にまずは1回目の朝食🐔🍴  

Img_8126 

大分名産の数々 草系で軽めでしょ(笑)

ちょっと表を散歩&♨入浴

Img_8134

腹もこなせたので本日2回目の朝食🍴😋🍚

Img_8123_2

ホテル白菊名物の“たまねぎカレー”を食べないと
でも、さすがに気持ち悪い😵💤⤵

チェックアウト業務を終えて
9時過ぎにホテル出発

お客様はワンボックスを借りて湯布院へ
帰りは大分空港から帰阪されるので
ホテルで解散させて頂きました😵💦

Img_8136_2

私は別府駅へ向かう。

Img_8143

ソニックで小倉駅へ

Img_8154

途中、車窓には私の両親の故郷 豊前市が…
親類のお店前を通過😱💦

Img_8166

小倉駅からは新幹線乗車

無事乗車して一安心です
2/23に1つ目の団体で別府温泉入り、昨日、観光後、無理を言って現地解散 2つ目のお客様方と夕方にホテル白菊で合流、宴会・二次会をお付き合い 今朝、現地時間 嘘のような漫画みたいな旅行をお世話させていただきました🙇

後は新大阪駅に着いてJRで鶴ヶ丘駅へ移動

Embcmml9z_3551fb4abe9eb0a3e71f039a7

ヤンマースタジアムにて別のお客様と合流予定

あぁ、仕事も趣味も忙しそうや(笑)😵🌀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

別府温泉 添乗合体地獄めぐりの巻き 弐

2日目 6時に起きて暗闇の中、久々に別府の街をウォーキング

20170224_065441

北浜エリアにある別府タワー 懐かしいな

20170224_070231

北浜エリアで一世を風靡した"花菱ホテル"は星野リゾートに、横にある"ホテル清風"は大江戸温泉物語にといずれも団体向けの大型ホテルが今年中に様変り こんな時代と言えば寂しいが生き残りをかけてなら仕方がないかな?

20170224_072535

竹瓦温泉 この辺りには怪しい色街がある

20170224_073957

別府駅へ続く駅前通りはメインストリート

20170224_074711_2

ホテルに戻り温泉に入り、朝食 こじんまりしたレストランは韓国からの観光客で溢れる、 これと言ってパッとしないメニュー 何だか悲しくなってきたわ 😢

Img_8009

客室から別府駅前ロータリーを望む
左側には24時間営業の海鮮居酒屋“目利きの銀次”と言う派手な店がった 今度、一度行ってみようと思った。

Img_8017_2

貸切バスで湯布院観光へ出発 走
昨夜に降ったのか回りの山々には降雪も見受けられた。

Img_8019_2

50分程で湯布院に到着
俺たち日本人やけど、ここも韓国と中国からの観光客で溢れかえる 何かアウェイ感 満タン(笑)😵🌀😵🌀

Img_8033_2

地図や看板などにも外国語が目立つ

Img_8034_2

湯布院定番の湯ノ坪横丁 どこで調べたのか人気店は行列が出来ている 両国の方々、珍しく神妙な顔つきで並んでいる エッ 並んでいる(笑)😵🌀😵🌀

Img_8039

俺も負けずに買い食いしてみよう 😋🍴 

Img_8057_2

金鱗湖で私もやけくそで記念写真🙋

2017022401

湯布院観光の後、少し早めだが昼食を“インターヴィレッジさくら”でご準備しました。ここも外国人に囲まれての昼食で忙しない 残念ながら別府市内で団体で昼食を食べれるところが少ない ホテルのランチブッフェも考えないと駄目だな ?

2017022402

さっさと昼食を終えて最後の観光 別府のメインイベント 地獄めぐり! 大きく分けると①海地獄 ②鬼石坊主地獄 ③かまど地獄 ④鬼山地獄 ⑤白池地獄 が固まっており歩いて見学できます ここから約3km、車で約5~10分離れたところに ⑥血の池地獄 ⑦龍巻地獄 がある。皆さん 意外と地球の神秘に感動してたかも・・・・ 😵💦

Img_8107

第1弾のお客様たちを乗せたバスは別府駅へ

私は何とこの後、空車になった乗務員さんに無理を言って例のとこへ?

Img_8095

第2弾のお客様と合流するにはまだ時間がある そう、ここ一刀竜は別府ラーメン界では有名なお店らしい 物は試し、宴会前にラーメンをすすりに行こう 🍜🍥💦

一番人気の屋台風(こってり)はきついんで牛タン中華そば(写真右上)を頂きましたが可もなく不可もなく普通でした 💦

通常、別府宿泊で夕食宴会が多いので営業時間的(22時閉店)に観光客相手ではない・・・  と言うことはやはり地元の人気店なんかな?


豊後ラーメン 一刀竜
別府市餅ヶ浜町1-15 TEL0977-25-6262
11:00~22:00 
*スープがなくなり次第終了
*メニューの一部が売切れの場合もあり
月曜定休(祝祭日の場合は営業)

Img_8104

今宵のお宿は別府温泉の老舗“ホテル白菊” 第2段のお客様とは直接ここで合流です。

Img_8105

シンプルだが何かが違う? 好きな旅館です。

Img_8115

今晩の添乗員部屋は10階です。
ひさしが出てて外が良く見えません だから・・・ 👀(笑)😵🌀

Img_8120

スタート時のお膳
全12品 私、初めて“太刀魚薄作り”食べましたが、これと言って特徴薄い料理でした 印象づいたのはコンパの素朴さのみ 👧

Img_8121

素朴な顔して結局、営業上手なコンパさん
若くして昭和の匂いがするコスチュームが妙にそそりました お客様談 ♀

Img_8133

外湯巡り? したかったけど
結局コンパニオン引きずり廻しの刑?
全員拉致されました やるな ~~-w/

宴会コンパニオンはホテル専属でした
ビックリです👀‼

飲んで歌って さあ外へ突撃や!

Img_8000

ムムッ “H.I.S”?
旅行屋さんが夜の案内所?
名前パクられてますけど。。。

今宵もお客様と彷徨う添乗員さんでした 🚶🚶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

別府温泉 添乗合体地獄めぐりの巻き 壱

今回は2つのグループが同時期に別府温泉へ行くとのことでわがままをお願いしてツアー合体させていただきました 🙇

まずは2/23-2/24 体育会系グループ 礼儀正しく素直な学生さん!

Img_7822

お得に九州へ
今回はトク得!ひかりこだまチケットを利用

Img_7824

小倉駅からは特急スーパーソニックで別府へ

20170223_102457

最近はJRでは定番?
新幹線に続き、窓際にはコンセント付きです

Img_7831

Img_7834

別府駅に到着

貸切バスで宇佐神宮へ

Img_7840

宇佐神宮前には小さいながら仲見世通りもある

Img_7901

まずは“かくまさ”で昼食

Img_7846

メニューは“豊後だんご汁定食”
名物のとり天も付いたお得な昼食ですよ

おーい ごはん無くなったでェ~

Img_7899

昼食後、みんな宇佐神宮へ参拝しました

Img_7854

伊勢神宮に次ぐ“第二の宗廟(そうびょう)”として皇族からも崇敬される「宇佐神宮」は石清水や鶴岡と共に日本三大八幡宮の1つで全国に4万社余りある八幡社の総本宮だ。

Img_7879

宇佐神宮の参拝作法は、“二拝四拍手一拝”

Img_7876

本殿の脇にある樹齢約800年のご神木の大楠は夫婦石と共にパワースポットとして知られる。

「ご神木の周りを一周してからご神木に触れ、お祈りすると願いが叶う」と言われているパワースポット。恋愛成就の願いをこのご神木に託してみてください。「EXILE」のメンバーUSAがヒット祈願をしたら、その後一気にブレイクしたことで有名なんだそうですよ♪

Img_7884

若者は悩みが多い?
恋愛成就の願いをこめておみくじをひく
一喜一憂してるようやけど  吉・凶 さてどうや?

Img_7906_3

次に豊後高田市へ向かいます
ここは昭和の町として知られ
おじさんはタイムスリップしたようです😱💦

Img_7909_2

マップ片手に皆さん自由に散策を楽しみました 
平成生れの彼らには懐かしさは無いが珍しさはあったようです。

リアルタイムに生きた私はゆっくり回って見たかった 見れば見る程、懐かしさが蘇る 眠けも吹っ飛ぶかも?

Img_7930_2

総延長550mの通りは普通に歩けば15分もかかりませんが、その通り沿いに点々と立ち並ぶ”昭和の店”の一軒一軒を訪ねてみよう。昭和の思い出を探して一点一宝に目をとめ一点一品を手にとれば懐かしさが溢れるだろう。
明治から昭和にかけて大分県きっての豪商であった野村家の倉庫(昭和10年頃の建築)を改造した『昭和ロマン蔵』はこの町の中心地。 ここにはオート三輪車『ミゼット』をはじめとする自動車、木製の机やチョークで描く黒板のある教室、当時花形であった電化製品など、なつかしい昭和が満載で再現されている『昭和のテーマパーク』です。

入館料620円(駄菓子屋の夢博物館+夢町三丁目民家ゾーン)営業時間9:00~17:00

20170224_074612

今宵のお宿は別府駅前の"シーウェーブ別府" 
ご多聞に違わず外国人満載!

シングル60R・ ツイン28R・スイート3R
シティホテル感覚の広いお部屋と設備 
ビジネスにも観光の拠点としても最適か?



Img_7983_2

写真は撮れないが温泉かけ流しの
天然温泉大浴場があり温泉棟の1階に内湯と
露天風呂、3階には内湯と打たせ湯がある。
日替わりで1階と3階を「男湯」「女湯」になり
営業時間は16:00~24:00、6:00~10:00

Img_7989

夕食は学生達なんで安くボリュームのあるものと
言うことで歩いて行ける別府亀の井ホテル2階の
バイキングレストラン志高(2,800円税込)にしました。

20170223_204135_2

私は1階の油屋熊八亭
昼は"だんご汁"食べたから
特注で別府名物料理をまとめてもらった 
先ずは何故か料理名は"琉球"! 
これは大分で獲れるブリやサバ、アジなどの
鮮魚を醤油や生姜などの入った漬けに浸した
ものをごはをにかけてかっ食らう(笑)😵🌀  

途中からはわさびを入れてお茶漬にしてもよし?
次はダブルチキン! 温泉の蒸気熱で
蒸した鶏を唐揚げにした"地獄蒸しから揚げ"、
定番の"とり天"😵💦

一旦、ホテルへ帰って解散
まずは普通の温泉に入ろうか(笑)



20170223_220135_2

夜食は別府駅前通りにある"大陸ラーメン"で
別府名物の「冷麺」一般的な冷麺ではなく
所謂、スープ冷麺!(笑)😵🌀 

やっと食べることが出来たがまた食べたい? 

ムム? 厳しいな😢⤵⤵

さて、お腹も満腹🍴😣💦

Img_8002

Img_8001


別府温泉にも怪しいエリア(楠町や元町)があり、
学生と言えど男!  
お客さん逹は…………   
捜しません、ご自由にお楽しみ下さい(笑)😵🌀 

おじさんはもう帰って寝ますわ
おやすみなさい🌃✨

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

2017.2.20 気合でこなす大型団体!

012

6時に起きて朝風呂入って気合い注入💪
私のパワーの源は朝食はカレーから(笑)😵🌀
食べられる時はガッツリいこう!

013

多数の請求書チェック、精算に手間取り、
遅刻のお客様を捜したりして
9時過ぎの出発となりました  
申し訳ございませんでした🙇

まずは伊勢志摩スカイラインを走行して
朝熊山展望台へ
あぁ良かった雨やなかって……
午前中は20%、午後からは70%の降水確率
何とか外れてくれ!
ネットの雨雲レーダーとにらめっこやな

014

10時30分 内宮に到着しました

015

今回は有料の観光ガイド
“お伊勢さん観光案内人”をご準備しました
バス3台なので各2名で計6班に分かれました

皆さん意外と内宮さんの色んなお話に興味を
持たれて説明に聞き入ってくれました
こんな光景を見ると旅行業者冥利に尽きるわ!

ちなみにバス1台当りの乗車が16~30名なら
案内人が2人付き1台当り8,300円です。

個人で1~5名なら3,100円からです。
その後は参加人員により料金は異なります。

いずれも事前予約が必要です。

内宮は勿論、外宮も時間により案内OK!
詳しくはWebサイトをご参考にして下さいね。

016

何とか雨もなく12時から岩戸屋さんで昼食
今回はドタキャンがあり全額取消料が係るんで
もったいないと言うことで添乗員も
同食させて頂きました🍴🙏

また、お客様よりビールも頂きました😋

さて昼食後は"おかげ横丁"で1時間ほど
フリータイムです 

皆さん、見る度に手には土産物の袋(笑)

定刻14時に内宮駐車場を出発

017

図ったように外は雨模様 何と言う幸運!👍

途中、土山SAでは雨の中をバスから小走りで
小休止をお取り頂きました。

17時15分には梅田ガード下、17時30分には
なんば近鉄ビル前付近で解散の頃には
ほぼ雨も上がりそうでした。

お客様 大変お疲れ様でした 👋😃💦

また、よろしくお願いいたします😅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

2017.2.19 気合でこなす大型団体!

000

組織団体のお客様をバス3台で鳥羽への
総会&1泊バス旅行のお世話をさせて頂きました。
観光コースは関宿と内宮さんと至ってシンプル!
あくまでも総会と懇親会がメインです🙇

001

新大阪を9時30分に出発して11時30分に到着
まずは名阪関ドライブインにて昼食

002

お客様が昼食を食べ始めてアルコールも希望に
応じてご提供、ある程度落ち着いたら
速攻 乗務員室で賄いを掻き込む!
「腹が減っては戦はできぬ」
お店によりメニューは違うがここは麺類、
カレー、おでん、おにぎりがあるが
2~3分で 食べ終わらんとあかんので
これがベストチョイスかな(笑)😵🌀
年々、消化悪し😱💦


003

昼食後、バスで約10分移動 
みんなで関宿を散策しましょう。

004

関宿は東海道47番目の宿場町 古代から交通 の要衝で古代三関の一つ「鈴鹿関」(他は美濃「不破関」、越前「愛発関」)が置かれ、江戸時代には参勤交代や伊勢参りの人々などで賑わいました。 皆さん もう、これが精一杯の限度やって時に 「関の山」って言いますよね? 「関」は三重県の関町(2005年1月11日に市町合併し、現在は亀山市)、「山」は関東でいう「山車」のことである。 関町から八坂神社の祇園祭に出される山は大変立派なものだったため、それ以上贅沢な山は作れないないだろうと思われのが言葉の語源です。勉強になりましたね🙋

上の写真は山車倉(だしぐら)と町並みの様子

005

14時30分頃に鳥羽シーサイドホテルに到着

006

お客様たちはこれから総会を始めます
その間 私達、添乗員は各客室にお土産の
"赤福"を入れていきます 
すでに汗まみれ😵💦

007

今回のお部屋タイプの色々
リノベーションしたての和洋室
眺めもエエなぁ☺

008

一般的な和室
これだけの大人数で1フロア
海側、山側と分かれて入室して頂きました。
なんと今日も満館です!


009

岬館には露天風呂付のお部屋もあります。

010

さあ 18時から懇親会スタートです!
毎度お馴染みのコンパニオンてんこ盛り(笑)😵🌀
よく飲んで食べて触って(いや失礼)
皆さんジェントルマンですもんね?


011

2次会スタート 90~100名は入れる会場を貸切
立ち代わり入れ代わりお客様が出入り
コンパニオンさんと密着も可能かな?

いゃ~まいったなぁ~😱
コンパニオンを半分に人選しないと……
俺のタイプで選ぶ? 
お客さんの指名人選もあるし、
希望をイチイチ聞いていたら大変だ😞💦
無事 2次会も22時に終わり、
館内の居酒屋コーナーや麺処 
うちのお客様たちで満タン(笑)😵🌀

3次会 コンパニオンもまだ数人残っている
もう、これ以上、会からの予算では無理ですよ
しっかり説明しないとエライことになるわ

あぁ 明朝の精算恐ろしいなぁ😱💦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »