« 2017.8.05 なにわ淀川花火大会鑑賞の夕べ | トップページ | 萩・津和野の旅 第1班 2日目 »

2017年8月 8日 (火)

萩・津和野の旅 第1班 1日目

社業の都合上、2班に分かれて社員旅行

Img_6908

新大阪駅7時59分発 
のぞみ97号で出発
途中最短3駅停車で9時52分 
新山口駅に到着

まずは山口市内にある常栄寺雪舟庭へ

Img_6947

常栄寺は臨済宗東福寺派の寺院ですが
何と言っても有名なのは・・・

Img_6939

ここ“雪舟庭” は室町時代の守護大名で
あった大内政弘が別荘として
画僧雪舟に築庭させた

景観を楽しむモデルは“俺”でした(笑)

  
現在、国の史跡及び名勝に指定されている

Img_6960

次は瑠璃光寺へ
現存する五重塔のうちで10番目に古い
いつ見ても綺麗だな

Img_6966

あまりの暑さに負けた?
ひやしあめ(400円)を
一気飲みした(笑)

Img_6955

昼食は“長州苑”でいただきました

Img_6978

暑い中、名物の“瓦そば”が付く
「維新御膳」の昼食を頂いた

一路 萩へ

Img_6998

明治日本の産業革命遺産のひとつ
“萩反射炉” 鉄製大砲の鋳造に必要な
金属溶解炉で萩(長州)藩の海防強化の
一環として導入が試みられた
反射炉の遺構は萩の他、韮山(静岡県)と
旧集成館(鹿児島県)にあるだけで
貴重な遺跡です

Img_7003

何じゃこれは? 単なる広っぱ?
ここも明治日本の産業革命遺産のひとつの
“恵美須ヶ鼻造船所跡” です

Img_7004

現存する大きな防波堤

Img_7009

ホテルチェックイン前にお決りの(笑)
萩と言えば“村田蒲鉾店”へご案内!

Img_7048

一連の観光も終わり今宵の宿“萩本陣”へ 

場所は萩市内東部の小高い丘に位置する

Img_7022

宴会場のスタイルは和式や洋式とお客様の
ご希望に応えてくれる 
個人客はダイニング“旬の丸”で夕食、朝食を
楽しめる 

おみやげ横丁“萩往還”は7:15~22:00オープン

Img_7030

客室は和室10畳が基本 
市内または山側の眺望 
洋室はツインとダブルがある

Img_7045

自慢の温泉大浴場“萩本陣温泉 湯の丸” 
回遊型で色んなスタイルの浴槽で寛げます

Img_7023

今夜のメニュー

Img_7024

夕食後のお楽しみ ナイトラウンジ“松麗館” 
今夜はほどほどに・・・

残念ながらこの旅館 夕食後の夜食処は無く、
ちょっとラーメン? 
タクシーで5分か坂道徒歩約15分の所にある
“ラーメン来来亭萩店”へ行くか、
萩グランドホテル天空付近にある
“居酒屋ぼてこ”や萩市田町商店街付近に
少しの飲食店があるが早仕舞いが多い

コンビニは県道67号線沿いにポプラや
センブンイレブン、ローソンがある 
旅館からは徒歩10~15分程度 坂道有り(汗)

それでは今晩は大人しく寝ますか(笑)

 



|

« 2017.8.05 なにわ淀川花火大会鑑賞の夕べ | トップページ | 萩・津和野の旅 第1班 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010117/71407263

この記事へのトラックバック一覧です: 萩・津和野の旅 第1班 1日目:

« 2017.8.05 なにわ淀川花火大会鑑賞の夕べ | トップページ | 萩・津和野の旅 第1班 2日目 »