« 2019.6.06 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 1日目 | トップページ | 2019.6.08 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 3日目 »

2019年6月 7日 (金)

2019.6.07 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 2日目

Img_7351

 

昨夜は何も悪い事してないのにほとんど眠れず朝6時に起床☂️🙋❗ 8時30分にロビー集合で朝食へ行く事になっているんで恒例のウォーキングに行こう

部屋から外を覗くと高層マンション、昨日、サッカー観戦した「DGB大邱銀行パーク」スタジアムが見える👀

 

 

Img_7364

“寿昌公園” 昨夜、歩いた時、何故か「LOVE」のイルミネーションが……

 

「知ってる人は知っている」 「知らない人は知らないままの方が良い」?

 

敢えて現状の姿を伝えたくて……

http://charlie3710.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-2c4f2f.html

 

 

Img_7365

 

あちゃ~ こんなとこに“大邱芸術発電所”が…… 

旧タバコ製造工場(倉庫)を改築して造られた文化施設で今やクリエーター達のアート発信スペースとなっているらしい

 

 

Img_7369

大邱都市鉄道3号線「達城公園」駅  こんなモノレールが走行しています

 

Img_7370

大邱がサムスンの発祥地 SAMSONGの元祖“三星商会”の本社跡地

 

Img_7373

北城路 この当りは大邱産業工具通りとして知られ小さなお店が立ち並ぶ

 

Img_7374

朝鮮王朝最後の王様で大韓帝国初代皇帝となった高宗の息子で最後の皇帝、純宗は1909年に大邱を訪れています、大邱駅に降り立った純宗が今の逹城公園まで通った道がココらしいです

 

Img_7376

昨夜、夕食を食べた“北城路練炭プルコギ通り”

 

Img_7383

歴史上の事実?“日本軍慰安府記念館” 辛い過去を直視するか無視するかはそれぞれの判断ですかね……?

 

Img_7388

大邱警察署横に建つ“大邱近代歴史館”

 

Img_7389

大邱近代歴史館横には“慶尚監栄公園”がありました 監営とは朝鮮王朝時代に文武の実権を握っていた各道の監察使が政務を見ていた場所で1910年から1965年までは慶尚北道の庁舎があったらしい

 

Img_7393

少し古めの“無窮花百貨店” 大邱市内には結構、デパートが多い

 

Img_7394

タロクッパの名店“校洞タロ食堂”へと続く道です

 

Img_7397

中央路まで歩いて出て来ました この辺は通称“タロクッパ通り”も有り、角にはふぐ料理の名店“海金剛”があります

 

Img_7398

“海金剛”の本店は東大邱駅近くにあり、ここは支店です

 

Img_7399

中央路にある両替所 ドル、元、ユーロと勿論、日本円もOKです、その他、ノボテル大邱近くに“大信両替所”と言う所も有ります

 

Img_7400

“韓牛荘” タロクッパをはじめソルロンタン、コムタンがあり24時間営業です

 

Img_7401

アンコウ料理“甘浦生アグ”と言うお店です
店名に使われている甘浦(カンポ)は浦項のすぐ隣の慶州市の港の名前でアグはアンコウのことです、お店の前に모리국수モリグクスという(浦項の名物料理)の黄色の垂れ幕がありましたが意味も分からず珍しそうだったんで撮りました

 

Img_7402

大邱で初めて見たぞ大阪家庭料理“しげ家” 串かつやおでんと一品料理があるみたい

住所:大邱広域市中区大安洞82-7 (대구광역시 중구 대안동82-7)
道路:大邱広域市中区西城路14キル67 (대구광역시 중구 서성로 14길67)
TEL:010-7684-4384
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜

 

Img_7403

西城路はオーダーシューズのお店が多いからハイヒールのオブジェが……

 

Img_7404

こ洒落た“遊牧商店” と言うカフェです

 

Img_7407

北城路にある“カフェ三徳商会” ココも日本式家屋のようだ

 

Img_7408

日本式家屋の“北城路工具博物館” この辺りは古くから工具の街として栄えたようだ

北城路工具博物館(북성로 공구박물관)
大邱広域市中区太平路2街19
(대구광역시 중구 태평로2가19)
053-252-8441
OPEN 10:00~12:00、13:00~17:00
お休みは日・祝日

Img_7409

これまた北城路にあった人気店“カフェ北城路”です

 

Img_7410

ユニオンホテル前の大通り1本入ったところ ココは😱❕  絶対絶対あれ関係の建物やな? 昨夜、A氏とB氏がうろついた場所?

 

Screenshot_20190614133731

まあ朝から約5.3kmほどよく歩いたわ~

 

 

Img_7415_1

朝食は大邱十味の“タロクッパ”を食べに

宿泊しているユニオンホテルから散歩がてらに歩きました🚶🚶🚶

 

교동따로식당 【 Tel : 053-254-8923 】
校洞タロ食堂(キョドンタロシッタン)
大邱広域市 中区布政洞52-2
営業時間: 24時間 休日: 年中無休

 

Img_7416_1

校洞タロ食堂は、75年前から同じ場所で創業者である父親(ハ・ヨンテ)が営業を始め、息子(ハ・ジェヨン)が代を継いで36年目を迎える。厳選した韓牛牛骨を10時間以上かけて煮込み、味深いスープと毎日入ってくる新鮮な野菜で作られている。韓国人の中でも特に慶尚道の方の口に合う大邱代表料理である。そう言えば入店すると「日本人ですか?」っていつもの聞き覚えのある発音でお出迎え? 今の社長なんでしょう

 

Img_7417

メニューは別々スープご飯8,000ウォン、(特)別々スープご飯8,000ウォン 
意味わからないんですけど?

 

Img_7421

この中央の塊が“ソンジ”(牛の血の塊) 俺は完全にギブアップ汗 
焼レバーは何とか食べれるけど・・・・ 何かが違う
 「ヘジャンクッ」も食べれないし 泣

 

Img_7422

皆、チャレンジャーやな? 食べはりました 私が「これ食べたら滋養強壮、夜も元気になる」って言ったからかな(笑)

結局、私は💩みたいな👃臭い(多分、野菜を煮込んだ匂い? それとかポリパプ屋さんの店の前を通った時の匂い)でアウト!

 

 

Img_7423

折角の観光が雨のスタート アプ山展望台へはケーブルカー(日本でいうロープウェイ)で片道15分の登頂です
都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びているらしい 1人往復10,500ウォン

 

Img_7424

おーい ここは魔界か・・・

 

Img_7425

パンフレットで見た事のある光景が・・・

 

Img_7426

完璧にアウト! 何にも見えません(まさかこんな事になるとは 俺、結構晴れ男なんやけど) 今後の大邱ツアーのパンフレット用の写真撮りたかったなぁ

 

Img_7429

背景には大邱の素晴らしい眺望が……👀 想像して下さいね

 

Img_7430

そうか晴れてたら……🌞

 

Img_7431

日本でも韓国でも、展望台へ行けば良く見かける永遠の愛を誓った南京錠と幸せを届けるポスト? 晴れてたらこんな景色が見れたのに……

15分程の滞在でケーブルカースタッフに焦らされスゴスゴと撤収 😞💦

 

Img_7439

アプ山からこんな感じで大邱の街が見えるんやな?

 

 

Img_7440

お詫びに予定外の見学地、アプ山を下山したところにある“洛東江戦勝記念館”へ訪れました

 

Img_7441

洛東江勝戦記念館は別名勝公館と呼ばれており、1979年6月25日に開館、6.25戦争の当時に最後の阻止線だった洛東江戦跡を記念し戦没者たちの精神を祈るために立てられた

 

Img_7442

中々マニアックな見学地でした

 

Img_7443

金さんの説明を熱心に聞く皆さん 中に私も見た韓流ドラマ“ロードNO-1”をすべて観たリーダーのA氏が特に感動してたようです

 

Dsc_0304

ソ・ジソブ、キム・ハヌル、ユン・ゲサンなどが出演していた 私の中でも5本の指に入る興味深い作品やった あぁ、驚いた~

(特に中共軍が笛やラッパを吹きながら攻めてきたらTVに向いヤバイ逃げろって叫んだもんやわ・・・ それと元Fly To The Skyのファニが主題歌「風になっても🎶」が今だ耳に残る名曲やったなぁ)

 

Img_7444

敷地内には戦闘機や戦車などが展示されていた

 

Img_7452

気を取り直してお客さんのリクエスト“大邱三星創造キャンパス”へ 先ずは移築された“三星商会”の元本社の建物です、サムソンの創設者、李秉喆( イ・ビョンチョル)会長は 父親の莫大な遺産で精米所をたちあげるも失敗し、その後、魚の干物や大邱の特産物りんごを満州に輸出する貿易会社を立ち上げます、それがサムスンの前身である三星商会なんです

 

Img_7453

大邱は、韓国財界一の企業サムスンの発祥の地
その後、1948年には三星物産公司が設立され、当時一番需要の多かった砂糖と服地を生産する第一製糖と第一毛織が作られました
2017年 第一毛織の本社工場跡地9万平米の敷地に造成されたのがこちらの大邱三星創造キャンパスで商業施設、飲食店も入店しており特に週末とかはかなり混雑する程、人気の場所らしい

 

Img_7454

第一毛織工業の元女子寮の一部が芸術家たちの工房や市民の文化・体験ゾーンとなっている、そうそうこの建物と建物の間に大きな木があり大きい鳥がバタついていました SAMSUNGの事やから模造鳥でも造っているんじゃないかと思って見上げていると上からとんでもないプレゼントが…… 💩


注意して歩きましょう(笑)

 

Dsc_0303

本当は昨夜に行こうと思っていたあるブロガーさんの記事に載っていた“チョンミョンポゴ” 大邱十味でもある「ふぐプルコギ」のお店だったんで……

 

急遽、昼食にたべようとなって朝に日本語ガイドの金さんに予約してもらおうとしたけども電話は通じない 「どうしたんやろ? 休みか?」午前の観光を終え西門市場方面へとりあえず向おうとドライバーも必至で探してくれ現場に辿りつくと🚐…… 

 

1560389163488_1

こんな張り紙が……😱 どうやら移転したらしい? お隣さんが親切にも色々と教えてくれました。何せ車は釜山ナンバー、運転手さんも金さんも釜山訛りで誰一人、大邱の匂いがしなかったから?😀

お隣さんが結局お勧めしてくれたお店がココでした!

 

Img_7460

복어 잡는 사람들 두류점
ポゴチャムヌンサラムドゥル 頭流店
대구시 달서구 두류동 101-16
大邱広域市達西区頭流洞101-16
053-527-3391
運営時間 11:00 - 22:00
https://map.konest.com/dpoi/101672821 (コネスト地図)

 

Img_7461

チェーン店らしいですが結果OK! 我々の口に合いましたし、金さんが上手に注文をしてくれました。我々だけだったら先ず辿り着かないし、注文もやばかったかも😅

 

Img_7462

ふぐ皮をコチュジャンで合えたもの ピリリと辛かったがビールのあてにピッタリでした

 

Img_7463

ふぐ皮とパンチャンで酒盛り 顰蹙やったかも😅

 

Img_7464

ふぐ身とさつまいもとたまねぎの天ぷらはサクサク・揚げたてで美味し

 

Img_7465

主役の登場 “ポゴプルコギ”(韓国語でふぐはポゴ) これまたパンチの効いた辛さが病みつきに😀

 

Img_7466

仕上げは“ポックンパ”(いわゆる焼き飯) まわりの卵が辛さを和らげてくれる 計算された食べ方に皆さん感動でした🍴

 

Img_7467

昼食後、A氏とB氏のリクエストで仁橋洞にある“オートバイ通り”🏍️を散策しました 彼らは大阪のバイクショップのオーナーです

 

Img_7468

少し、A氏が思っていた感じとは違ったらしい もっと部品などが売られているのかと……  でも収獲があったとの事、それはA氏自身もバイクレーサーで何度かクラスチャンピオンにもなっており、たまたま覗いたお店がレースチームを持っていてオーナーもレーサーだったらしい ここでも金さん通訳で大活躍 我々だけやったらこうは進まなかったやろうな

 

Img_7478

最後に大邱の必須観光スポット“大邱薬令市場”の通りへ到着

 

Img_7480

韓方薬関連のお店が軒を連ねる、何とも言えん独特な匂いやな👃

 

Img_7479

ここは“大邱第一教会” 慶尚北道地域最初のプロテスタント教会で1895年に釜山からやってきた宣教師が、1895年に瓦葺の教堂を建てたのがはじまり。1908年に西洋の建築様式を取り入れ、1937年にイ・ジュヨル権師が、33メートルの鐘塔を建てて現在の姿となった。シンプルなゴシック様式で建てられ、2階が礼拝堂となっている。大邱で最も古い教会として親しまれ、慶尚北道地域の教育や医療の近代化の拠点として歴史的意義を持つ。1992年1月に大邱広域市有形文化財第30号に指定(プサンナビより引用)

今や歴史館として開放されているらしい あ~ぁ 見損なった😢



Img_7481

薬令市韓医薬博物館を見学しました 400年の歴史を凝縮!易しくて興味深い韓医薬と韓方の事が分かる おうチャングムやんか?

 

Img_7486

まるで韓国時代劇に出てくる街のような“大邱薬令市”の様子をジオラマで再現 皆さん金さんの説明に耳を傾ける

 

Img_7492

1910年代の薬廛路地ゾーンとして当時の様子をリアルに展示している

 

Img_7493

昔の韓薬房はどんな様子だったのか、また、当時の器具類も展示されていた

 

Img_7494

植物、鉱物、動物などの薬材などを展示、五感で楽しむ韓医薬の探検ゾーンへと進む

 

Img_7504

最後に予約していた“韓方足湯体検” (約20分/1人5,000ウォン) 足浴剤を入れて足を温めてくれる、人によっては熱いんで数分でギブアップ? 俺はポカポカで気持ち良かった 今日は朝から雨模様だったんでスニーカー水没しっぱなしで勿論、ソックスも湿りぱなしで気持ち悪かった

結構、皆さん興味深く見学してくれました

最後にC氏のリクエストで直ぐ近くにある現代百貨店地下にある“カカオフレンズ”のショップへ行きました

17時頃、ユニオンホテルへ戻り表の観光は終了です?

その後、C氏を除くおじさん達は裏の観光のお供とご対面 😱❕

ここからはハングルは読めて釜山弁は喋れるがまったくの大邱初めての韓国人と素人の我々日本人オヤジ達の珍道中 😀

頼りは30数年添乗員としての私の資料と危なっかしい経験、片言のハングルが頼りって・・・・ 何とかなるか?

夕食は俗に言う“チムカルビ横丁”まで中途半端な距離、大人数なんでタクシーも捕まらずホテルからブラブラ徒歩で向かいました🚶🚶🚶

「オッパまだか、まだか?」 って言われても真っ直ぐ歩いて付いてこいや~

 

Img_7505

やっとこさ辿り着きました  東仁洞にある“チムカルビ横丁”にはぱっと見て4~5軒のお店がありました

 

Img_7506

予約をしてもらった“ボングルボングルチムカルビ”に到着しました

 

Img_7507

まあまあどこのお店も週末なんでそこそこのお客さんがいました

 

Img_7508

ポングルポングルチムカルビ / 벙글벙글찜갈비
大邱広域市 中区 東仁洞1街 322-2
(대구광역시 중구 동인동1가 322-2)
053-424-6881
9:00~22:00(ラストオーダー21:00)
年中無休

このお店は日本の漫画・クッキングパパに登場したらしい ボングルボングルって「にこにこ」の意味らしい 食べれば思わず笑顔になるんかな? 1階、2階と結構大きな箱のようでした

 

Img_7509

輸入牛18,000ウォン、韓牛28,000ウォン(それぞれ1人前180g)、白ごはんは別料金で2,000ウォン(肉と一緒に食べてもよし、〆に焼き飯にしてもらっても良いのだ) 勿論、韓牛カルビにしたがハングルは読めず釜山の昔の娘(エンナリアガシ)に任せっきり 🙇🙇🙇

 

Img_7510

牛カルビを唐辛子とにんにくでピリ辛に仕上げた大邱十味の名物料理“チムカルビ” 白菜キムチや野菜類に巻いて食べるのがお勧め 少しは辛さが和らぐかも?
韓国内でどこでも食べれる甘辛く炊いた“カルビチム”とは全然違います

 

Img_7515

今回あちこちでお世話になった“おビール様”(みんなはCASS FRESHが口に合ったようです)と慶尚道のどこのお店でも先ず出てくるド定番 甘い口当たりの “チャム(참)焼酎”・・・・新しいタイプ?さつまいもの絵が描かれていた

 

Img_7516

最後の〆はやはり“ポックンパ”  焼き飯と言うよりもビビンパ的に混ぜたくってカルビ肉を細かく砕いてふりかけ海苔をかけて食べました 美味し!💯

(食べる事に集中してたので写真はなし)

食後、大邱駅付近まで徒歩で戻り、「トイレ!」、「西門市場へまた行こう」、「チメクしようぜ」etc. バラバラで各自カップルで消えました 😴😀😎

 

 

Img_7517

私、A氏と4人は大邱駅を南下し、東城路を目指す事にしました 頼まれもののMedihealのパックを探しに「OLIVE YOUNG」へ行きましたが数軒たらい回し? だから俺、頼まれ物を買うのは嫌や 時間の無駄やし、買って帰っても感謝の言葉、お金も貰えへんし、これからは全部断ろう ?

 

Img_7518

“かっぱ寿司”発見! だんだん賑やかになっていくぞ  まだ飲むか? 韓国語版グーグルMAPで探しながら随分歩いたぞ 4人共、未開の地、遭難しかかったわ 🙄

 

Img_7522

やっとの事でチメクができるぞ! エンナリアガシご満悦 🍻😅

투마리나 トゥマリナ
053-257-9289
대구 중구 동성로3길 58-9
大邱広域市中区東城路3キル58-9
대구 중구 공평동 62-8
大邱広域市中区公平洞 62-8
営業時間 16:00 – 翌04:00

さすがに帰りはタクシーでホテルへ戻った
眠い~ 疲れた~

|

« 2019.6.06 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 1日目 | トップページ | 2019.6.08 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019.6.06 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 1日目 | トップページ | 2019.6.08 大邱サッカー観戦&観光グルメの旅 3日目 »