« 台中での宿泊は『長榮桂冠酒店』 | トップページ | 台北での宿泊は『福華大飯店台北』 »

2019年10月 8日 (火)

台湾周遊の旅3日目 台中から台北へ

今日は台中から日月潭、埔里経由で再度、台中に戻り台北へと向かう長丁場です(汗)

 

Img_0345_20200418174801

爽やかな朝を迎え、朝食後、8時に出発しました。

 

 

Img_0356_20200418174801

先ずは「宝覚寺」へ
臨済宗妙心寺派のお寺で日本統治時代に建立されました。宝覚寺の元々の本堂は木造でしたが老朽化が進み保護を兼ねて石造りの大雄賓殿がカバーするが如く増築されました。白い弥勒菩薩像がほほ笑む、誰かに似てますな? オオトリは笑う金色弥勒大仏像をご覧あれ。

トイレを済ませ、約2時間かけて台湾八景のひとつ風向明媚な「日月潭」へ向かう。

 

 

 

Img_0384

日月潭到着後、環潭自行車道からのスタートです。
ココは台湾3大観光地の1つで最大の淡水湖。 水深23.5m、標高749mのところにある深緑色の湖。

 

 

Img_0395_20200418174801

日月潭(リーユエタン)を有効的に観光するには文武廟付近でバスを下車し、先ず文武廟を見学し、高台から湖の景観を楽しむことになります。

 

 

Img_0400

朝・昼・夕暮れ時に様々な景色を見ることができる。

 

 

Img_0401

文武廟は1938年に完成し、1969年に改築した後、1999年9月21日に台湾で大地震が起こって廟内も多大な被害を受け、2003年に復旧工事も終了し、現在に至るらしい。

 

 

Img_0406

文武廟は学問の神、孔子と武の神、関羽、岳飛を祭っている寺院です。黄色の屋根に赤い柱、各殿の門扉に描かれた極彩色の絵など中国的な豪華さを感じる。

 

 

Img_0437

昼食は日月潭から約25分、南投県埔里にある「金都餐廳」
ローカルレストランと思いきや台湾をはじめ世界各国の要人が来店しているようでそこら中に写真が飾られていた、個人客は1階、団体客は2階と店内はかなり広かったし、綺麗なお店でした。

 

 

Img_0438

埔里は「好山、好水、好空気」に恵まれた食産物が溢れるらしい、中でも最後に出てきた“きのこ鍋”が名物とのことだったがお腹一杯であまり食べれませんでした。

 

 

Img_0450

やっぱりビールの飲み過ぎやな?

 

 

Img_0452

昼食も終え、埔里の名産と言えば“紹興酒”
「埔里酒厰」へ向かいました。

 

Img_0454

紹興酒好きにはたまらんね(笑)

 

 

Img_0457

1Fのショップで販売しているのは紹興酒だけではなく、お酒に関連する商品(お菓子やアイス、化粧品など)も売られていました。

 

 

Img_0464

2Fの無料見学施設では酒工場の歴史、原住民の酒文化や酒の分類などお酒に関する解説もある。

トイレを済ませて約1時間程で台中の「彩虹眷村」へ向かいます。

 

 

Img_0477

台中市の再開発地区となり取り壊しが決まっていたレインボービレッジこと「彩虹眷村(ツァイホンジュエンツン)」でしたがひとりのおじいさんが建物に絵を描き始めたことがきっかけで今ではすっかり人気のスポットになった。

何とも言えない色彩感覚とイラストが素敵です!

 

 

Img_0478

ひっきりなしに中国人観光客が訪れる村の周りは雑草生い茂っている。

 

 

Img_0494

台中での観光を終えて台湾高速鉄道に乗車する為に台中駅へ。

 

 

Img_0495

台中駅に到着。
先ずは1階から2階へ上がります。

 

 

Img_0498_20200419191201

台中駅の平面図。

 

 

Img_0499_20200419191201

2階にはコンビニと日本のROYAL HOST(樂雅樂 ルーヤールー)の現地法人のお弁当売り場で日式弁当が販売されていた。

 

 

Img_0503

時間になったんで3階の月台(プラットホーム)へ

 

 

Img_0514

台中駅から台北駅まで約50分の列車の旅
車内は日本の新幹線と変わらない、約300km近くの時速で走行している。

 

 

Img_0517

車掌さん、販売員は女性でした。
車内には男性警察官も乗り込んでいました。

 

 

Img_0527

あっという間に新幹線は台北駅の地下ホームに到着。
駅裏に貸切バスがお迎えです。

 

 

Img_0540

以前みんなで台北滞在し、観光もしたんでお土産物店“フローレス”へご案内(汗)

注:旅行会社御用達?のお土産物店「金龍」は2019年3月30日をもって閉店となっています。

 

 

Img_0546

台北101が見えますね、その上にはお月さんが……

 

 

Img_0547

メンバーの中でひとりだけ行ったことがないと言う事で本日、最後の観光地「九份」へ

 

 

Img_0548

何とか雨も降らず無事、上下昇り降り終了(笑)

私はいつもの通り“ヒザが笑う……” (うるさくて仕方ない? www)

 

 

Img_0595

最後の夕食は「士林夜市」の地下美食区へ
冷房が効いているんでありがたい、メンバーの平均年齢は50歳代半ばなんで食事量、嗜好が異なるということでメニュー選択がここでも難しい?
特に私の好物でもある“炭水化物”の人気は低い(笑)

 

 

Img_0597

あまりにも喉が渇いたんでイッキ飲み!

 

 

Img_0603

皆さん、士林夜市で自由行動をしたいという事で現地解散、私はいつもお世話になっている現地旅行社「陽達旅行社」の日本人担当のU君を呼び出し、久々に“黒霧”をお馴染みの焼き鳥屋「秋吉」で飲み交わした。

 

 

Img_0604

飲んだ後はやっぱり「豪門世家(ダイナスティ)」でマッサージ!

不覚にもグッスリ寝てしまった(汗)   さあ、もう一度、ホテルに帰って寝ますか。

 

|

« 台中での宿泊は『長榮桂冠酒店』 | トップページ | 台北での宿泊は『福華大飯店台北』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台中での宿泊は『長榮桂冠酒店』 | トップページ | 台北での宿泊は『福華大飯店台北』 »